花組芝居『泉鏡花の夜叉ケ池』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

花組芝居

『泉鏡花の夜叉ケ池』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

Wキャスト&日替わりゲストありの
超豪華版『夜叉ケ池』!!

公演データ

公演期間 2009年1月12日(月・祝)〜1月22日(木)
会場 青山円形劇場
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-1 こどもの城
PR・解説 花組芝居のライフワークとも言える泉鏡花作品。
中でも、この「夜叉ケ池」は花組芝居が鏡花作品を
最初に取り上げた記念的作品です。
創立21年目を迎え、幅広く魅力的な役者陣が揃った
今だからできるWキャスト&日替わりゲスト!
男性のみで描く、花組完全版「夜叉ケ池」。
ストーリー 三國ケ嶽の麓の里、龍神が住むという夜叉ケ池。
日に三度鐘をつく掟を破れば、村はたちまち全て水の底に沈むという。

諸国を旅する学者僧、山沢学円(がくえん)。彼がこの里で出会った鐘守りの男は、
行方不明の友人、萩原(はぎわら)晃(あきら)だった。
再会を喜び、共に夜叉ケ池へと出かけたその時
晃の妻百合(ゆり)は、かんばつに苦しむ村人に、雨乞いのいけにえにと迫られる。
追いつめられて命を落とした百合を抱き、晃は鐘の掟を破る。

村が水に飲み込まれるたまゆら、一人残った学円は
池の主、白雪姫と妖怪変化の曲馬団、その道行きを垣間見る。
スタッフ 原作=泉鏡花/構成・演出・出演=加納幸和/美術=川口夏江/照明=橋本和幸/音響=清水吉郎/衣裳製作=三茶工房/小道具=宇佐美雅人/床山=太陽かつら/演出助手=大野裕明/舞台監督=安田美知子
キャスト 水下きよし/溝口健二/山下禎啓/桂憲一/大井靖彦/北沢洋/横道毅/嶋倉雷象/各務立基/秋葉陽司/磯村智彦/小林大介/美斉津恵友/堀越涼/谷山知宏/丸川敬之/二瓶拓也
お問い合わせ 花組芝居
03-3709-9430
office@hanagumi.ne.jp
電脳版花組通信

チケット発売日

2008年11月8日(土)

入場料金

平日価格4,800円/土日・祝日・楽日5,800円/平日昼夜通し券9,000円/学生4,000円(税込)

平日昼夜通し券は、劇団のみの取扱いです。

チケット発売窓口

花組芝居 03-3709-9430

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:389-891
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:39043
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2009年1月12日(月・祝) 〜 1月22日(木)

2009年1月

11 12
  • 14:00○
  •  
  •  
13
  • 19:00●
  •  
  •  
14
  • 14:00○
  • 19:00●
  •  
15
  • 19:00○
  •  
  •  
16
  • 14:00●
  • 19:00○
  •  
17
  • 13:00○
  • 18:00●
  •  
18
  • 13:00●
  • 18:00★
  •  
19
  • 14:00○
  • 19:00●
  •  
20
  • 19:00○
  •  
  •  
21
  • 14:00●
  • 19:00○
  •  
22
  • 14:00●
  •  
  •  
23 24
○=那河岸屋組公演
●=武蔵屋組公演
★=天地会(Wキャストとは別に、更に配役をシャッフル!)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10742

トラックバック一覧