伊トウ本式『編集王』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

伊トウ本式

'05サマーツイスタ

『編集王』原作:土田世紀『編集王』(小学館ビッグコミックス)

  • 公演中
拡大画像を見る
中面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年8月4日(木)〜8月7日(日)
会場 劇場 MOMO
〒164-0001 東京都中野区中野3-22-8
PR・解説 94年-97年までビッグコミックスピリッツにて連載、2000年にはテレビドラマ化されるなど、いまだ根強い人気がある土田世紀作の大ヒット漫画。
週刊の青年誌編集部で働く事になった主人公・カンパチが漫画業界の壁にぶつかりながらも、漫画家たちと
面白い漫画を生み出すべく奮闘する物語です。
伊トウ本式版「編集王」では、人気エピソードであるマンボ好塚編を中心に舞台化!

※土田世紀……「編集王」、「俺節」、「同じ月を見ている」、「ギラギラ」など、多数のヒット作を持つ漫画家。冷酷な現実を見つめながらも、そこで生きる人間を熱く描くことで圧倒的な支持を集める。現在、「夜回り先生」(原作:水谷修)を小学館・月刊I
KKI誌上で連載中。
ストーリー 漫画のことをなにひとつ知らないながら、週刊の漫画編集部で働くことになった快活な青年カンパチ。
彼が初めて担当することになった漫画家は、業界で知らぬ人はいないベテラン・マンボ好塚。しかし今のマンボ好塚はアルコール依存症と、度重なる傲慢な言動、薄っぺらい漫画で業界からも読者からも見放された存在だった…。
「マンボ好塚は終わった」そんな漫画界の常識を知らないカンパチは、マンボ好塚の右腕・仙台とともに、再び熱のある漫画を描かせることが出来るのか?
そして、そこから遡ること30年前の漫画黎明期。マンボ好塚が飛ぶ鳥を落とす勢いの時代。
漫画の明日を夢見る熱き編集部員・疎井が週刊連載を目指すパートナーとして選んだのは、マンボ好塚の一アシスタントに過ぎなかった仙台だった。
誠実な漫画づくりを心がける二人は、編集部の「売れる漫画」路線の中に食い込むことが出来るのか?
現在と過去、二つのストーリーがみせるのは、面白い漫画を描き、そして集めて編みたい人たちの物語。
スタッフ 脚本・演出=伊藤鉄線/美術=西廣奏/照明=シバタユキエ(白黒団)/音響=佐藤春平(SoundCube)/小道具=大橋路代(パワープラトン)/衣装=太田知美/衣装=山下絵美/舞台監督=スズキサオリ(白黒団)/宣伝イラスト=土田世紀(小学館)/制作=山田恵理子 ほか
キャスト アントニオ本多/名執健太郎/瀬戸口竜ノ介/木下珠紀/白神ミオ/水谷栄介/小黒奈央/西尾友樹/高橋洋平/松本慎平/板本真澄/井俣太良(少年社中)/白坂英晃(はらぺこペンギン)/山岸拓生(拙者ムニエル)
お問い合わせ Y.e.P
03-3338-1575 / 080-3277-1635
info@honshiki.com
伊トウ本式ウェブサイト

チケット発売日

2005年6月26日(日)

入場料金

前売2,000円/当日2,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

伊トウ本式/Y.e.P 03-3338-1575
劇団ウェブサイトにご予約フォームを設置いたします。是非ご利用ください。

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:362-170

公演日程

2005年8月4日(木) 〜 8月7日(日)

2005年8月

  1 2 3 4
  •  
  •  
  • 19:00
5
  •  
  • 14:00
  • 19:00
6
  •  
  • 14:00
  • 19:00
7
  •  
  • 15:00
  •  
8 9 10 11 12 13

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=1075

トラックバック一覧