劇団大樹『ひめごと』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団大樹

劇団大樹 第9回本公演/小劇場てあとるらぽう協賛

『ひめごと』〜A secret〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

12/10(水)19:30〜は、プレビュー公演。500円割引にて観劇が可能です。

公演データ

公演期間 2008年12月11日(木)〜12月14日(日)
会場 小劇場てあとるらぽう
〒171-0051 東京都豊島区長崎5-1-32 城北日専連ビルB1F
PR・解説 み群杏子さんの戯曲は、大人のメルヘン。それは時代に置いてけぼりにされたような世界かも知れませんが、そこには人間的な営みと忘れられた言葉の温もりが溢れています。人肌の物語の中に描かれる人間の痛みが読んでいる者の心に優しく響いて来ます。だから読み終わった後に、すっと心に染み入る不思議な浸透力があります。この浸透力こそが、み群作品の魅力であると僕は感じています。今公演 「ひめごと」 は、父親探しの物語。シングルマザーである、主人公/大沢未散が、胸に秘めた想いめぐって、様々な人間模様が交錯して行きます。願わくば多くの女性に観て頂きたいと思う作品です。是非足をお運び下さい!
ストーリー 秋の夕暮れ。舞台は母と娘の住む古い一軒家。そこへ、ひとりのルポライターがやって来る。彼の名は、真木森生。古びた写真を手に、30年前に失踪した写真家を捜しているという。彼の手にする写真が、この家の、止まった時間を動かし始める。「こんな写真、まだ、残ってたのね…」。30年間、仕舞われたままの、女のひめごと。本当のことを知っているのは、この…。み群杏子が描く、強くて切ない、女のミステリー。今冬、劇団大樹が最高のキャスト・スタッフで上演します。
スタッフ 脚本=み群杏子(りゃんめんにゅーろん)/演出=山口あきら(青年座)/製作総指揮=川野誠一(劇団大樹)/花美術=横井紅炎(草月流華道家)/箏演奏=荒井美帆(生田流箏曲師範)/照明=町田裕之(PAC)/音響=野村 巧(C2Sound Loft)/舞台監督=田中祥介(フリー)/演出助手=弥吉洋輝(エル・フレール)/舞台写真=藤間久子(アマノスタジオ) ほか
キャスト おぎのきみ子(aiかんぱに〜)/柿森ななこ(フリー)/川野誠一(劇団大樹)/戸張智春(フリー)/納谷六朗(マウスプロモーション)
お問い合わせ 劇団大樹
03-3388-4865 / 090-1807-9075
taiju@yx.main.jp
劇団大樹のホームページ

チケット発売日

2008年10月25日(土)

入場料金

一般前売3,000円/一般当日3,500円/プレビュー前売2,500円/プレビュー当日3,000円/学生割引券2,500円/ペア割引券5,500円(全席自由・税込)

12/10(水)のプレビュー公演は、学生券/ペア券の取り扱いはありません。

※学生券/ペア券の取り扱いが劇団のみ(要予約)

チケット発売窓口

劇団大樹 03-3388-4865

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年12月10日(水) 〜 12月14日(日)

上演時間 1時間20分

2008年12月

7 8 9 10
  •  
  •  
  • 19:30◎
11
  •  
  •  
  • 19:30◎
12
  •  
  • 14:00◎
  • 19:30◎
13
  •  
  • 14:00◎
  • 19:30◎
14
  •  
  • 14:00◎
  •  
15 16 17 18 19 20
◎は、まだまだ余裕あり。○は、まだ余裕あり。●は、残席わずか。
※12/10(水)は、プレビュー公演!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10855

トラックバック一覧