劇団芝居屋『払暁の時・手紙』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団芝居屋

劇団芝居屋第十六回公演

『払暁の時・手紙』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年12月9日(火)〜12月14日(日)
会場 ザ・ポケット
〒164-0001 東京都中野区中野3-22-8
PR・解説 劇団芝居屋が提唱する「覗かれる人生劇」。
今回も多様な人生の交錯する人間模様が展開されます。
劇場内の暗闇にあなたの心で穴を穿ちこの人生を覗いてください・・・劇団芝居屋
ストーリー 払暁。それは空にはまだ星が見えるが、朝焼けがやや白み始め、地上もぼんやりとではあるが明るさを持ち始めた頃のことである。
なんの希望ももちえなかった真っ暗などん底のあの戦争末期、レイテ、沖縄の戦いにおいて救国の英雄という冠を戴き、数多くの若者がこの払暁の時に特別攻撃隊として飛び立った。あれから六十有余年の月日がたった。
ある日大槻信夫のもとへ、『特攻隊として戦死したお父上の遺書をお預かりしていているのでお届けしたい』という内容の手紙が来た。差出人は片野という人物であった。不審に思った大槻は待ち合わせ場所を近所のローカル線の駅の改札口とした。
果たしてその手紙の差出人は誰か。また、その遺書の内容とは。
語られることの無かった、名も無き戦士の歴史が今解き明かされる。

【女はこの子の為に生きようと思った。男はこの子の為に死ねると思った】
スタッフ 作・演出=増田再起(劇団芝居屋)/舞台監督=シロサキユウジ/美術=八木橋貴之/照明=鈴木みづほ/音楽・音響=渡辺禎史/宣伝美術=らんでぃ/制作=若山淳美/制作協力=Karte
キャスト 永井利枝(劇団芝居屋)/増田恵美(劇団芝居屋)/今中奈穂子(劇団芝居屋)/足達祐紀(劇団芝居屋)/秀野真樹子(劇団芝居屋)/家村幸成(劇団芝居屋)/増田再起(劇団芝居屋)/阿野伸八(紅王国)/ふくまつ進紗(マウスプロモーション)/榊孝輔(F,I,P)/鈴木雄二/平本隆詞/鈴木直樹/内田英男/市川奈津恵
お問い合わせ 劇団芝居屋事務所
03-3474-6647
shibaiya3masuda@peace.ocn.ne.jp
劇団芝居屋HP

チケット発売日

2008年11月10日(月)

入場料金

前売3,000円/当日3,200円(全席自由・税込)

前売 3000円 当日 3200円

チケット発売窓口

劇団芝居屋 03-3474-6647

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:86-092
演劇ポータルサイト{Confetti}

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年12月9日(火) 〜 12月14日(日)

上演時間 約2時間5分

2008年12月

7 8 9
  •  
  • 19:00
  •  
10
  • 14:00
  • 19:00
  •  
11
  •  
  • 19:00
  •  
12
  •  
  • 19:00
  •  
13
  • 14:00
  • 19:00
  •  
14
  • 14:00
  •  
  •  
15 16 17 18 19 20

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10986

トラックバック一覧