清流劇場『モザイク』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

清流劇場

清流劇場2009年2月公演

『モザイク』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年2月18日(水)〜2月22日(日)
会場 大阪市立芸術創造館
〒535-0003 大阪府0003 大阪市旭区中宮1−11−14
PR・解説 今回の作品創作は、サルトルの戯曲『汚れた手』を参考にしながら物語を紡いでいこうと思います。
『汚れた手』では、第二次世界大戦下で、あるインテリの若者が自身の持つ左翼思想の社会実現に苦悶する姿が描かれています。時代背景など現在の社会が抱える問題と異なる点もありますが、社会全体に広がる閉塞感という共通項を意識しながら創作を試みます。
ストーリー 株式会社西田サービスは、サンライズインターナショナルホテルの清掃業務を一手に引き受けている清掃会社である。現社長の父親であり先代の社長であった西田通雄の頃は、このホテル以外での仕事も抱えていたが、息子・政彦が社長に就任して以降は、折からの不況も手伝って、経営難に陥っている。
会社の危機的状況を打開すべく、政彦はサンライズインターナショナルホテルへの会社売却交渉に乗り出すが、従業員たちの間に解雇の噂が広がり、社長更迭へと動き始める者も出ている。仲里は社長更迭のリーダーである石田からの指示で、政彦のスキャンダルを探り始めた。しかし、政彦の周辺にはこれといって追及すべき事実もなく、それどころか現従業員の雇用を今後も維持するために、ホテルとの交渉を進めていたことを知る。仲里は石田たちへ政彦の考えを伝えるが、説得することは出来ず、経営者側に寝返った臆病者と批判されてしまう。
ある日、政彦が従業員の横領を黙認していたという事実をつきとめるが、追及をしながらも、仲里は政彦の考えに惹かれていく自分も認識し、従業員たちとの約束の間で心は揺れ動いていく。
キャスト 船戸香里/魔瑠(遊気舎)/や乃えいじ(PM/飛ぶ教室)/西田政彦(遊気舎)/イシダトウショウ/全リンダ/仲里玲央/山崎義史/Sascha Berner ほか
お問い合わせ 清流劇場
06-6429-8387
info@seiryu-gekijo.com
清流劇場HP

チケット発売日

2008年12月16日(火)

入場料金

前売3,500円/当日3,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

清流劇場 06-6429-8387
お名前とお電話番号、日時、枚数をお知らせ下さい。当日、受付にて代金とお引き替えにチケットをお渡しします。
大阪市立芸術創造館 06-6955-1066
電話予約のみ、受付時間(10時〜22時30分)

公演日程

2009年2月18日(水) 〜 2月22日(日)

2009年2月

15 16 17 18
  • 19:30
  •  
  •  
19
  • 19:30
  •  
  •  
20
  • 19:30
  •  
  •  
21
  • 15:00
  • 19:30
  •  
22
  • 15:00
  •  
  •  
23 24 25 26 27 28

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=11073

トラックバック一覧