『ガイサンシーとその姉妹たち』『melos』の上映、上演を広げる会『remembrance 記録と記憶』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

『ガイサンシーとその姉妹たち』『melos』の上映、上演を広げる会

第一回公演

『remembrance 記録と記憶』―中国と日本の表現者による未来への祈りの試み―

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

※当日、公演後アフタートークがあります。
 アフタートークゲスト(予定)
  花崎 攝【俳優・ワークショットプ進行役】
  守中高明【詩人・フランス文学、思想】

公演データ

公演期間 2009年1月17日(土)
会場 東京しごとセンター 地下講堂
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-10-3
PR・解説 日本軍の中国における性暴力を描いた舞台、祥子-SHOKO LIVE perform『melos』(設計 二瓶龍彦)
同じく中国の映画監督班忠義さんが撮った、日本軍の中国における性暴力の犠牲者、及び加害者を追ったドキュメンタリー映画『ガイサンシーとその姉妹たち』
この同じ問題を扱った舞台と映画、そしてともに戦後生まれの日本と中国の表現者。
その出会いから、今回、「『ガイサンシーとその姉妹たち』『melos』の上映、上演を広げる会」を立ち上げることになりました。運動やアートに偏ることなく、日本と中国の未来の架け橋への願いからはじまり、現在もつづいている世界の危機的状況へも広げられ、生命をめぐっての普遍性の問題を考えるものとして、企画しました。その第一回の上映、上演です。

当日、公演後アフタートークがあります。
 アフタートークゲスト(予定)
  花崎 攝【俳優・ワークショットプ進行役】
  守中高明【詩人・フランス文学、思想】(予定)
ストーリー 歴史問題ということだけではなく、この国の「運動」と「表現」が断絶してしまっている状況を少しでも打開できればとも思っています。一方では、個人と個人をフィリアで結ぶという考え方を、中国の友人との間で実現し、その結び目を少しでも広げてゆきたいという願いがあります。
スケールの大きいこの企画、日本国内はもちろんのこと、アジア諸国、ひいては世界をまわりたいと思っております。どうぞお楽しみに。
スタッフ 企画・制作=『ガイサンシーとその姉妹たち』『melos』の上映、上演を広げる会/佐藤千代子/高橋敦子/松島よしお/舞台監督=田中克季/フライヤーデザイン=オータ・ナオ/協力=映画制作・配給会社シグロ/梨の木舎/フィリア・プロジェクト ほか
キャスト 祥子-SHOKO
お問い合わせ 『ガイサンシーとその姉妹たち』『melos』の上映、上演を広げる会
090-2435-4823 / 080-3203-9147
s.chiyoko@mc.point.ne.jp
『ガイサンシーとその姉妹たち』『melos』の上映、上演を広げる会

チケット発売日

2008年12月1日(月)

入場料金

前売2,300円/当日2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

『ガイサンシーとその姉妹たち』『melos』の上映、上演を広げる会 090-2435-4823

チケット販売サイトへ

公演日程

2009年1月17日(土)

上演時間 3部構成、約4時間30分。
途中10分の休憩2回を含みます。

2009年1月

11 12 13 14 15 16 17
  • 15:00◎
  •  
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=11233

トラックバック一覧