ポイント東京『CHAT―危険なほど易しいつながり』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ポイント東京

プラハ・アーカシアター来日公演

『CHAT―危険なほど易しいつながり』ヒップホップ&パフォーマンスで綴るオンラインショー

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年7月28日(木)〜7月30日(土)
会場 国際交流基金フォーラム
〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー1F
PR・解説 “現代的なコミュニケーションの落とし穴”をテーマにプラハの劇場Archa Theatreがプロデュースしたオリジナル作品。
インターネットによるコミュニケーションは、直接的な人間どうしの接触よりも、簡便で効率的、で楽しい手段であると思われている。本当にそうだろうか? 

この物語はインターネット・コミュニケーションのスタイルの言語でつづられる。その言語は独特の語彙、特殊な文法、新語に加えて、シンボルやイラストレーションにも基づいている。パフォーマンスの全体が、意外なひねり、変容、テクノロジー的遊戯、おかしみがあって率直な感傷に満ちたある種の演劇的コミックになっている。パフォーマンスのリズムはチェコで話題のビートボックスミュージシャン、Freaky JesusとCossigaによるヒップホップ・ミュージックに合わせて構成されている。
ストーリー ある広告代理店のマネージャーが4夜にわたるチャットを通して1人の看護婦と出会うことになる。
すぐに彼らは、彼らをこのヴァーチャルな出会いに参加させたものが、孤独ばかりではなく、ゲームへの情熱であることに気づく。二人はそれぞれ何人ものヴァーチャルな登場人物を作り出し、それらに自身の隠された望み、夢、情熱を投影する。危険で互いを傷つけ合うことにもなりかねないこのヴァーチャルな出会いは、現実世界で会いたいという強い欲求を彼らに抱かせることになる。
このゲームに終わりはあるのだろうか?
彼らのゲームがハッピーエンドで終わることは可能なのだろうか?
スタッフ 原案=Kapusta24/脚本=Mazda/演出=JAWA 450/演出助手=Mohyla ほか
キャスト Ritta/Zorro DX/Freaky Jesus/Cossiga/Dowis
お問い合わせ ポイント東京
03-3423-7045
ポイント東京

チケット発売日

2005年6月2日(木)

入場料金

前売3,500円/当日3,800円(全席自由・税込)

日時指定・税込

チケット発売窓口

ポイント東京チケットセンター 03-5413-5751

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:362-022
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-063-003 Lコード:31783
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2005年7月28日(木) 〜 7月30日(土)

上演時間 約70分

2005年7月

24 25 26 27 28
  •  
  •  
  • 20:00
29
  •  
  •  
  • 20:00
30
  •  
  • 14:00
  •  
開場は開演30分前

国際交流基金フォーラムへのアクセス:東京メトロ銀座線、南北線「溜池山王駅」12番出口すぐ

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=1129

トラックバック一覧