劇団じゃけん『5つのイーゼル』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団じゃけん

劇団じゃけんvol.16 第4回本公演

『5つのイーゼル』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年3月12日(木)〜3月15日(日)
会場 オルタナティブスペースRAFT
〒164-0001 東京都中野区中野1-4-4 1F
PR・解説 2000年秋旗揚げ。以降、都内小劇場に於いてオリジナル作品による本公演や他劇団との提携公演を行う他、お蕎麦屋さんを借りてのアトリエ公演や、毎週土曜の夜に、岸田國士・チェーホフ等の名作を四年に渡り上演し続けた「土曜の夜のお楽しみ劇場」等、幅広い活動を続けている。
今後は年一回のオリジナルによる本公演の他、「サロン・ド・じゃけん」と銘打ったサロン演劇を年二回程度開催していく予定である。
ストーリー 絵空事。空想。想像の世界。ごっこ遊び。まったくの作り話。
それが芝居。
作り話をまるで本当のことのように伝えること、それが芝居。
架空の世界の、架空の街に暮らす、架空の人間達の、架空の物語り。
今、僕の想いは時空を超える。
頭の中で、ぐるぐる廻る人間の生き様、愛情、優しさ、想い。
でっち上げの人間達が、物語を紡ぎ織りなす。
芸術の都、「イーインフィー」 この街で共に修行した五人の画家。
月日は流れ、
或る者は成功し、或る者は信じた道を歩き続け、
或る者は自分を生かす為にただ描き、
或る者は愛する人の成功を願いつつこの世を去った。
残されたひとりは、人生につまずき、夢を棚上げにして,酒に溺れる毎日を送っている。
そこに現れたひとりの娘。
彼女の登場は、水面に投げ込まれた小石のように波紋を投げる。
「母ちゃん、やって来たよ。母ちゃんが青春を謳歌したこの街に。
そして、まだ見ぬ父ちゃんの、母ちゃんが唯ひとり愛した人の暮らすこの街に。
母ちゃんの想いの詰まったこのイーゼルと絵筆を持って…」
劇団じゃけんが贈る愛の物語り。
思いやる心のことを愛と呼びます。
そして、人は皆、愛をその胸に持って生れて来たのです。
スタッフ 作・演出=難波善明/照明=山中康弘(有限会社 パレード)/音響=浅野ヒロシ(Project Shangri-La)/美術=忍/製作=秋山知子/製作=鳴嶋由紀/企画・制作=オフィス じゃけん
キャスト 大前洋子/齋藤正道/鳴嶋由紀/難波善明/松坂龍馬(客演)/芹菜久美(客演)/西国ぶんじ(客演)
お問い合わせ 劇団じゃけん
090-6141-7256
jove.peace@ezweb.ne.jp

入場料金

当日3,500円/前売り3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団じゃけん 090-6141-7256

チケット販売サイトへ

演劇サイト Confetti(カンフェティ)

公演日程

2009年3月12日(木) 〜 3月15日(日)

2009年3月

8 9 10 11 12
  • 14:00※
  • 19:30
  •  
13
  • 14:00※
  • 19:30
  •  
14
  • 15:00
  • 19:00
  •  
15
  • 15:00
  •  
  •  
16 17 18 19 20 21
※65歳以上の方、ご招待席が、ございます

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=11314

トラックバック一覧