日穏-bion-『日々』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

日穏-bion-

『日々』〜普通の人々〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年2月11日(水・祝)〜2月15日(日)
会場 シアター風姿花伝
〒161-0032 東京都新宿区中落合2-1-10
PR・解説 観客を大いに笑わせ、最後は感動の渦に巻き込んだ昨年2月の心日庵−春−公演「初恋」・・・それに続く、たんじだいご&岩瀬あき子企画第二弾!
団体名を『日穏-bion-』に改めて再スタート!

前回は少しずつ繋がっている4つのストーリーのオムニバスでしたが、今回は50分程の作品の二本立てです。
具象的な舞台と抽象的な舞台・・・その二つの世界を一つの空間で味わう楽しみ、それに加えて、それぞれの作品に同じ役者が全く別の役で出演します。そんな所も併せて、見終わった後に心が温かくなる舞台を、バレンタインデーの時期に是非お楽しみ下さい!
ストーリー 「今井家の正月」・・・舞台は現代、瀬戸内海に面した田舎町。年明け早々、母の一周忌をすることになった今井竹雄と妻の優子。親戚や、隣家の僧侶などが集まってくる中、思いがけない訪問者が現れる・・・。

「永井家の八月」・・・ピューリッツァー賞を3度も受賞したアメリカの作家、ソーントン・ワイルダーの「ロングクリスマスディナー」から発想を得て書き上げた作品。
大正時代から始まり、昭和初期、太平洋戦争、高度経済成長期、そして平成へ・・・激動の80年を生きてきた家族の様子をユーモアたっぷりに描きながら、命の尊さ、家族の絆、そして戦争は二度と起こしてはいけないというメッセージが込められています。
スタッフ 企画・脚本=岩瀬あき子/演出=たんじだいご/監修=菊池一寛/照明=大村真一/音響=平井隆史(末広寿司)/舞台美術=吉野章弘/舞台監督=丸山賢一(青果鹿)/制作協力=佐藤佳代/制作協力=早川京子(シネマポルト) ほか
キャスト 岩瀬あき子/内田雅樹/辻しのぶ/服部晃大/張替小百合/西村清孝(芝居舎「然〜zen〜」)/森脇由紀(青年座)/深津哲也/伊藤亜沙美/前田倫有/砂押正輝 ほか
お問い合わせ 日穏-bion-
080-1987-0645
iwase_haru@yahoo.co.jp
日穏-bion-
日穏-bion-ブログ

チケット発売日

2009年1月7日(水)

入場料金

前売り2,800円/当日3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

日穏-bion- 080-1987-0645

チケット販売サイトへ

公演日程

2009年2月11日(水・祝) 〜 2月15日(日)

上演時間 約1時間45分

2009年2月

8 9 10 11
  •  
  • 14:00
  • 19:00
12
  •  
  •  
  • 19:30
13
  •  
  •  
  • 19:30
14
  •  
  • 14:00
  • 19:00
15
  •  
  • 12:00
  • 16:00
16 17 18 19 20 21

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=11412

トラックバック一覧