財団法人現代人形劇センター『ヨウッテー・ポエー』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

財団法人現代人形劇センター

シリーズアジアの人形芝居part14

『ヨウッテー・ポエー』ミャンマーの糸あやつり

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年2月7日(土)〜2月10日(火)
会場 ラゾーナ川崎プラザソル
〒212-8576 神奈川県川崎市幸区堀川町72-1
PR・解説 ミャンマーの糸あやつりは、古くから、王侯貴族から庶民にいたるまで、多くの人たちを熱狂させてきました。15世紀にはすでに素朴な形で上演されていたようですが、18世紀に芸能を熱心に奨励したコンバウン王朝によって洗練され、華麗な変身をとげました。19世紀半ばには、人間の演じる舞踊や演劇を凌ぐ人気を得て、人形の身振りが役者の身体表現に大きな影響を与えるほどに発展しました。昔は夜を徹して演じられ、上演の場も、宮廷から老若男女の集う仏教寺院(パゴダ)の祭礼までさまざま。まさにミャンマーを代表する伝統芸能なのです。
人形はきらびやかな刺繍で飾られた衣装をまとい、身長は60センチほど。十数本におよぶ糸でたくみに操られ、繊細でリズミカルな独特の動きをみせます。専任の歌手による歌も大きな役割を果たし、美しい歌声の響く舞台は、まさに人形オペラともいうべき魅力に溢れています。
ストーリー 宇宙誕生のシンボルである白馬、そして魔物や、超能力者ゾージー、愉快な村びとたちや、宮廷の王子や王女など、ミャンマーではおなじみのキャラクターが歌と踊りをくりひろげるバラエティ構成です。にんぎょうならではの動きとのびやかな歌声をお楽しみください。
お問い合わせ (財)現代人形劇センター
044-777-2228 / 044-777-3570
asia@puppet.or.jp

チケット発売日

2008年12月8日(月)

入場料金

一般3,000円/学生2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

(財)現代人形劇センター 044-777-2228

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:391-206

公演日程

2009年2月7日(土) 〜 2月10日(火)

2009年2月

1 2 3 4 5 6 7
  • 15:00
  • 18:30
  •  
8 9 10
  • 15:00
  • 19:00
  •  
11 12 13 14

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=11481

トラックバック一覧