劇団演奏舞台『ちょんまげ手まり歌』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団演奏舞台

劇団演奏舞台創立35周年記念公演3

『ちょんまげ手まり歌』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年4月24日(金)〜4月26日(日)
会場 アトリエフォンテーヌ
〒106-0032 東京都港区六本木5-13-13
PR・解説 創立35周年を迎えた演奏舞台の原点がここにある!
そして、新たなる挑戦!!

これは、ちょんまげも手まりもない現代劇です。
芝居・音楽・照明・映像が交錯するエネルギー溢れる舞台。
バンドの楽曲・効果音と役者。芝居とサウンドと客席との相乗効果。
演奏舞台でしか体験できない独特のライブ感を味わってみませんか。

パワーアップした演奏舞台がお届けする2009年第一作目!
ストーリー 「やさしい藩特産、ユメの実、花の実、オモシロ実。
侍のユメ、戦のユメ……朝に一粒、夕べに一粒。」

ここは、山また山に囲まれた《やさしい藩》。
この藩では六才になるとお花畑に入れられる。
暗いくらい土のなか。がたがたぶるぶる、もぞもぞもぞ。
お殿様に許された者は足を切られ、《やさしい娘》《やさしい侍》になっていく。
ぎっちらぎっちら、ひょっくひょっく、おっくらおっくら。
何かに気付き、迷った者は子どもも大人も首をちょん切られる。
お花畑に入れられた子どもたち、ちょん切られた首……。
やさしい藩特産ユメミの実はこの血を吸うて育つのだ。
生きた人間の血を吸うて。

ある日、山んばがやってきて藩は大混乱。
真実を問い質すこの老人もまた、首をはねられ埋められてしまうのか。

お殿様とは……、山んばとは……、緑のユメミの実とは……。
おかしくて、かなしくて、こわいこわいお話。
スタッフ 原作=上野 瞭/台本=久保田 猛/演出・音楽=浅井 星太郎/照明=斎藤 正雄/演奏=THE☆演奏部隊
キャスト 文月 一花/岸 聡子/鈴木 浩二/内海守生 ほか
お問い合わせ 劇団演奏舞台
03-3222-1018
enso_butai@ybb.ne.jp
劇団演奏舞台公式HP

チケット発売日

2009年1月1日(木・祝)

入場料金

前売3,000円/当日3,500円/学生2,000円/ペア5,000円(全席自由・税込)

学生券は受付にて学生証提示、ペア券は前売のみ

チケット発売窓口

劇団演奏舞台 03-3222-1018
劇団演奏舞台に電話(03-3222-1018)またはメール(enso_butai@ybb.ne.jp)にて受付

公演日程

2009年4月24日(金) 〜 4月26日(日)

2009年4月

19 20 21 22 23 24
  • 19:00
  •  
  •  
25
  • 14:00
  • 19:00
  •  
26
  • 14:00
  •  
  •  
27 28 29 30    

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=11626

トラックバック一覧