東京ノーヴイ・レパートリーシアター『曾根崎心中/銀河鉄道の夜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

日本人のこころの晩御飯

『曾根崎心中/銀河鉄道の夜』「すきとほったたべもの」を召し上がれ

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年1月31日(土)〜2月1日(日)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
PR・解説 ☆ 両日ともに、終演後アフタートーク有。

・1/31(土)武井協三氏(歌舞伎・人形浄瑠璃研究家)
・2/1(日)鎌田東二氏(宗教哲学・神道ソングライター)

〜〜近松門左衛門 と 宮沢賢治〜〜〜

二人の残した作品は、日本の風土からうまれた独自の習慣や私達が今、忘れつつある相手を思いやる優しさにみちています。
天才的な作品は、 心の栄養。
賢治はそれを「すきとほった、たべもの」といいました。
日本が世界に誇る、純粋で美しい作品をぜひご家族と一緒にご賞味下さい。
そして感じた事を、晩御飯の時にお話頂ければ幸いです。
ストーリー 『曾根崎心中』
〜恋の手本となりにけり〜
初花のように美しい遊女お初と、誠実を絵に描いたような男徳兵衛。徳兵衛は、親友の裏切りにあい、抜き差しならぬ状況に陥る。お初は徳兵衛の手をひいて屋敷を抜け出す。二人が目指すのは露天神の森、そしてその先の世界。


『銀河鉄道の夜』
〜本当の幸いはいったいなんだろう〜
ケンタウロス祭の晩、一人で丘に登ったジョバンニは気付くとカムパネルラと銀河鉄道に乗っていた。「僕たち、どこまでも一緒にいこうね」。汽車に乗ってくる色々な人達と出会いながら、二人は、ほんとうのさいわいを探しに行こうと誓いあうのだが。
スタッフ 演出=レオニード・アニシモフ
お問い合わせ 東京ノーヴイ・レパートリーシアター
03-5453-4945
info@tokyo-novyi.com
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

入場料金

前売4,000円/当日4,300円/学生2,500円/親子券2,500円/5thシーズンチケット10,000円(税込)

※親子券は、大人1人、子供1人(小、中学生)

チケット発売窓口

東京ノーヴイ・レパートリーシアター 03-5453-4945
http://tnrt.cart.fc2.com/?ca=12

チケット販売サイトへ

公演日程

2009年1月31日(土) 〜 2月1日(日)

2009年1月

25 26 27 28 29 30 31
  • 18:00☆
  •  
  •  

2009年2月

1
  • 18:00☆
  •  
  •  
2 3 4 5 6 7
☆アフタートーク有

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=11634

トラックバック一覧