フランス演劇クレアシオン『砂の病』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

フランス演劇クレアシオン

シアターX・フランス演劇クレアシオン提携公演

『砂の病』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年4月15日(水)〜4月18日(土)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
PR・解説 ジャン・ポール・アレーグルの新作「砂の病」を日仏同時上演。翻訳と演出は「急流の男」、「人生の始まりは劇場から」、「アニエス・ベラドンヌ」、「行き交い」に続いてアレーグル作品を手がける岡田正子。これまでも現代社会の問題点にフォーカスを当ててきたアレーグルだが、今回も、今、世界中に起きているであろう大きな「不幸」に切り口を当て、人間の醜さやこっけいさを扱いながら、しかし詩情あふれる劇に仕立てている、アレーグルの意欲作品。
ストーリー ある国の総理大臣官邸執務室。山岳地帯で発生した「砂の病」の危険性について警告に来た教授に総理はしぶしぶ面会をする。しかし教授の奇想天外な話にすっかり巻き込まれていったところで突然「砂の病」の恐ろしいさが語られる。そこで現状を視察に行った総理が目にしたものは・・・
スタッフ 翻訳・演出=岡田正子/舞台美術=皿田圭作/音響=冨田健治(TEO)/照明=朝日一真/衣裳=井上よしみ/舞台監督=小林潤史/演出助手=高山泰治/作詞・作曲=山本健翔/制作=冨田日出子/制作補佐=吉水恭子(芝居屋風雷紡) ほか
キャスト 松岡文雄/ささいけい子/尾川止則/藤井勝利/小倉美香/浅川とむ/白川万紗子
お問い合わせ 「砂の病」制作事務局
03-3800-4187
info@sunano2009.com
フランス演劇クレアシオン

チケット発売日

2009年2月14日(土)

入場料金

前売券4,000円/当日券4,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

フランス演劇クレアシオン
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:33881

公演日程

2009年4月15日(水) 〜 4月18日(土)

上演時間 約1時間45分

2009年4月

12 13 14 15
  •  
  • 19:00
  •  
16
  • 14:00
  • 19:00
  •  
17
  • 14:00
  • 19:00
  •  
18
  • 14:00
  •  
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=11662

トラックバック一覧