演劇企画集団楽天団『バイティン・バック』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇企画集団楽天団

演劇企画集団楽天団プロデュース公演

『バイティン・バック』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

オーストラリア演劇の翻訳上演を続ける楽天団がコメディに挑戦!

公演データ

公演期間 2009年3月25日(水)〜3月30日(月)
会場 スタジオあくとれ
〒164-0001 東京都中野区中野2-11-2 サン中野マンション B1
PR・解説 ヴィヴィアン・クリーヴンはオーストラリアで小説家として成功を収めている。彼女の処女戯曲である本作品は、ドタバタ喜劇の形をとりながら人種問題、親と子の家族の問題、そして息子が抱える性の問題、麻薬など今日のオーストラリアの状況を、笑いの中に描いている。
『バイティン・バック』は、Kooemba Jdarraシアター・カンパニーにより、2005年ブリスベンにて上演されている。
ストーリー オーストラリア、ブリスベンの西側にある小さな町に住むアボリジニ一家の物語。メイヴィス・ドゥーリーは、フットボールの花形選手である息子のネヴィルに夢を託している。フットボールへの道がアボリジニにとって今の暮らしを抜け出す唯一のチャンスだと思っているから。けれど作家ジーン・リースに憧れるネヴィルには、全く別の夢があった!!
スタッフ 作=ヴィヴィアン・クリーヴン/翻訳=須藤 鈴/演出=和田喜夫/美術=香坂奈奈/音楽監修=園田容子/照明=佐藤 恵/音響=木下真紀/衣裳=梶山知子/舞台監督=神崎剛一/制作=上田郁子(オフィス・ムベ) ほか
キャスト 桜井ひとみ/さとりさとる/池田ヒトシ/中原和宏/上嶋茂雄(うるとら2B団)/松永麻里(The30’s)/はざまみゆき(ハイリンド)/武田至教/山口めぐ(演劇企画集団楽天団)
お問い合わせ オフィス・ムベ
042-727-8640 / 090-9689-4450
office_mube@yahoo.co.jp

チケット発売日

2009年2月25日(水)

入場料金

一般3,000円/学生2,500円(全席自由・税込)

学生券はオフィス・ムベのみ取扱い

チケット発売窓口

オフィス・ムベ 042-727-8640

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:393-362

公演日程

2009年3月25日(水) 〜 3月30日(月)

上演時間 約1時間45分

2009年3月

22 23 24 25
  • 19:00
  •  
  •  
26
  • 14:00
  • 19:00
  •  
27
  • 19:00
  •  
  •  
28
  • 14:00
  • 19:00
  •  
29
  • 14:00
  • 19:00
  •  
30
  • 19:00
  •  
  •  
31        

助成:舞台芸術振興事業
助成・後援:オーストラリア大使館

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=11821

トラックバック一覧