演劇集団 砂地『こがれ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇集団 砂地

『こがれ』〜鶴屋南北作『桜姫東文章』より〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年5月7日(木)〜5月10日(日)
会場 神楽坂die pratze
〒162-0812 東京都新宿区西五軒町2-12
PR・解説 怪物と戦う者はその過程で自分自身も怪物になることがないよう気をつけなければならない.深淵を覗きこむ時、深淵もまたこちらを見つめているのだ(ニーチェ)

演劇集団 砂地は、古典戯曲の現代化というテーマに沿って、作品を発表し続けています。
今回は、日本の古典戯曲・歌舞伎「桜姫東文章」を題材に取り上げます。
出演は、No,2「あわれ彼女は娼婦」にも出演し好評を得た名塚佳織、劇団桟敷童子で活躍する池下重大らで、ほかにはない密な空間をお届けします。
ご期待ください。
ストーリー (桜姫東文章・原作より)
 僧の清玄は、稚児の白菊丸と心中をしますが、清玄一人だけが命を取り留めます。
その17年後、清玄は出家をするためにやってきた桜姫が、白菊丸の生まれ変わりであることを確信します。
 桜姫は家族を殺され、さらには釣鐘型の刺青を入れた強盗に襲われ、その男の子どもを産みます。しかし、彼女は男のことが忘れられず、再開を願って同じ刺青を彫るほどでした。
 清玄は桜姫を慕いますが、桜姫は刺青の男(権助)に偶然再会し、物語はめまぐるしく変転していきます。
スタッフ 原作=鶴屋南北/作・演出=船岩祐太/美術=倉蔵/音響=内海常葉(ステージオフィス)/照明=奥田賢太(colore)/衣裳=上地チアキ/演出助手=浅井裕子/プロデューサー=小池陽子 ほか
キャスト 名塚佳織/池下重大/岩寺真志/浦川拓海
お問い合わせ 演劇集団 砂地
090-6138-5966
info@sunachi.net
演劇集団 砂地

チケット発売日

2009年3月20日(金・祝)

入場料金

一般3,700円/ペア6,400円/学生3,200円/当日4,000円(全席自由・税込)

学生は前売・当日共通料金、受付にて要学生証提示
ペアは、2名1組料金

チケット発売窓口

演劇集団 砂地 090-6138-5966

チケット販売サイトへ

公演日程

2009年5月7日(木) 〜 5月10日(日)

2009年5月

3 4 5 6 7
  •  
  • 19:30
  •  
8
  • 14:00
  • 19:30
  •  
9
  • 14:00
  • 19:30
  •  
10
  • 13:00
  • 18:00
  •  
11 12 13 14 15 16
受付開始・開場は、開演の30分前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=11876

トラックバック一覧