Drama Project 空中スケッチ『見わたすかぎりの青』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Drama Project 空中スケッチ

Drama Project 空中スケッチ 旗揚げ公演!

『見わたすかぎりの青』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

昭和の青春を、平成の若者たちが演じ、そして生きる!
愚かさこそが、人の住処。

公演データ

公演期間 2009年5月1日(金)〜5月3日(日・祝)
会場 TACCS1179
〒161-0034 東京都新宿区上落合1-17-9
PR・解説 自分が描かなければ、永久に人に知られることのない物語があります。そんな物語が描きたかった。だから、恥ずかしさを堪え、三十年の封印を今解きます。
あの頃は良かったと過去をふりかえることは容易いことだと思います。過去は時と共に美しく優しく彩られていきます。
ですが、本当に昔は良かったのでしょうか。本当に美しかったのでしょうか。本当に、今が悪くて、昔は良い時代だったのでしょうか。古き良き時代とは幻想に過ぎません。むしろ「痛く情けなく悲しみと笑いに充ちた過去」と僕は向き合いたいと思いました。
笑い飛ばしたくなるような、みっともない恥ずかしい過去を観て頂きたい。人は誰もが恥ずかしさとみっともなさと愚かさと共に生きるしかないのだと僕は思っています。三十年前の個人的な情けなくも愚かな物語は、今もどこかにきっと存在するはずだから。そして、その愚かさこそが愛しいものだから。
  劇場でぜひご覧下さい!!
ストーリー 1977年、12月。
井原米三は西荻窪の古びたアパートで二浪の真っ只中にいた。
ある日、一日二十時間勉強という無茶なやり方でヘロヘロになっている米三の部屋に、高校の同級生だった柳田が転がり込んでくる。柳田は成田闘争に参加し、現在公安に追われる身。嫌々ながら柳田をかくまうことにする米三。だが、そこにもう一人同郷の友人小沢がやってくる。小沢は大学で同人誌をやり将来作家をめざしているのだが、理由はよくわからないまま部屋に居座る。受験をひかえ、成績もままならない米三のもとに何故か次々と人々がやって来るのだ。
しかし、人々との対話と、その葛藤の中で、米三はほんの少しだけ、人生の意味と哀しみと喜びを知ることになる。
かつて実在した東京・西荻窪の小さなアパート「鈴木荘」の四畳半で起こった恥ずかしくも滑稽で、ありふれた、そして、愛しい奇跡の三日間。
スタッフ 作・演出=上野火山(空中スケッチ・主宰)/舞台監督=土居三郎/照明=久保良明(EdisonLitehouse, Inc.)/音響=許斐祐/宣伝美術=武田和香(mega-feps)/写真撮影=YUKi-To/制作=空中スケッチ ほか
キャスト 佐々木隆夫/古賀天馬/眞鍋昌照/津賀保乃/小川ひかる/小倉慎悟/保坂勲/御嵩かおり(劇団 TAG)/青沼神対馬(オーガニックシアター)
お問い合わせ Drama Project 空中スケッチ
volcano2@mac.com
空中スケッチ 公式サイト
上野火山 Official Blog

チケット発売日

2009年3月1日(日)

入場料金

全席3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

Drama Project 空中スケッチ ●チケットご予約/申込先メールアドレス:volcano2@mac.com
※お名前・日時・枚数・ご連絡先を明記の上、上記E-mailまでメール下さい。折り返し、ご予約のご連絡をメールいたします。当日受付にてご予約のお名前をお伝えの上、お支払い下さい。詳しくはホームページでご確認下さい。
http://web.mac.com/volcano2

チケット販売サイトへ

公演日程

2009年5月1日(金) 〜 5月3日(日・祝)

上演時間 約2時間20分

2009年5月

          1
  •  
  •  
  • 19:00
2
  • 13:00
  • 17:00
  •  
3
  • 13:00
  • 17:00
  •  
4 5 6 7 8 9
開場は開演時間の30分前になります。

劇場でお待ちしています!!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=11911

トラックバック一覧