花組芝居『盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

花組芝居

花組ヌーベル 第2回公演

『盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

今も昔も変わらぬものは、男と女の△関係!?
男達が描く、『忠臣蔵』に隠されたもう一つの愛の物語。

公演データ

公演期間 2009年6月3日(水)〜6月7日(日)
会場 駅前劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8
PR・解説 今も昔も変わらぬものは、男と女の△関係!?

洋の東西を問わず、今も昔も恋の三角関係はとにかくもめるもの。例えばそれがまったくの誤解だったとしても、純愛故に致命的な結果を生むことが、ままあります。『オセロー』しかり、『番町皿屋敷』しかり。特に鶴屋南北の描く人物像は、『善』『悪』という単純な二面性にとらわれないが故に、“リアルさ”も倍増。嫉妬に狂った源五兵衛の凄惨なまでの殺しのシーンは、もしかすると他人事ではないような、そんな危うさに満ちています。

浴衣の男達が繰り広げる、究極の愛憎劇。是非ご覧ください!!
ストーリー 女の誠と男の忠義。思惑が彷徨う−。

忠臣蔵の義士として仇討ちの機会をねらう不破数右衛門(ふわかずえもん)は、今は源五兵衛(げんごべえ)と名を変えて日々を送っている。彼が入揚げている芸者の小万は、実は三五郎という船頭の妻だった。二人に騙されて百両の御用金を失った源五兵衛は、冷徹な殺人鬼と化す・・・。
スタッフ 原作=四世鶴屋南北/脚色・演出=加納幸和/照明=増田隆芳(ブライト)/演出助手=大野裕明/舞台監督=赤坂有紀子/宣伝美術=梅本恭子/票券=越水綾子/制作=藤岡陽子
キャスト 加納幸和/山下禎啓/北沢洋/松原綾央/小林大介/美斉津恵友/谷山知宏/丸川敬之
お問い合わせ 花組芝居
03-3709-9430
office@hanagumi.ne.jp
電脳版花組通信

チケット発売日

2009年4月11日(土)

入場料金

前売り3,800円/当日4,200円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

花組芝居 03-3709-9430

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:393-782
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2009年6月3日(水) 〜 6月7日(日)

2009年6月

  1 2 3
  • 19:00
  •  
  •  
4
  • 14:00
  • 19:00
  •  
5
  • 19:00
  •  
  •  
6
  • 14:00
  • 19:00
  •  
7
  • 14:00
  •  
  •  
8 9 10 11 12 13

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12032

トラックバック一覧