平成21年度文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業) シアターΧ提携公演『三人姉妹』『ワーニャ伯父さん』『かもめ』『曾根崎心中』『どん底で』『ハムレット』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

平成21年度文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業) シアターΧ提携公演

演劇ゴールデンウィーク!! 世界の名作7演目を一挙上演する7日間  チェーホフ・近松門左衛門・ゴーリキ・シェークスピア・宮沢賢治

『三人姉妹』『ワーニャ伯父さん』『かもめ』『曾根崎心中』『どん底で』『ハムレット』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年5月3日(日・祝)〜5月10日(日)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
PR・解説 「タイトルは知っている。でも、観た事は無い!?」
演劇好きなら一度は観ておきたい、観てなきゃ恥!? な名作古典7演目を、ゴールデンウィークの7日間に、日替りで一挙上演致します。
ロシア功労芸術家レオニード・アニシモフによる質の高い演出と、スタニスラフスキー・システムで訓練された俳優達の演技が生み出す繊細な美しい舞台で、世界的な名作戯曲の世界をご堪能下さい。
感動が魂を育む、心を耕す7作品!
ストーリー ●東京ノーヴイ・レパートリーシアター
『頭ではなく心に響く演劇を生み出そう!』と、演出家レオニ−ド・アニシモフと50人の日本人俳優が04年に活動を開始。毎週金・土、日替わりで7演目を半年間以上の間上演し続ける、日本では実質的に初と言える『レパートリー・システム』の公演を実践。現在第5シーズン公演中。古典名作戯曲、スタニスラフスキー・システムに基づいた俳優訓練、レパートリー・システムによる作品への長期継続的な取り組みが、質の高い作品を生んでいる。ロシア、韓国の演劇祭からも招待され高い評価を得ている。

●レオニ−ド・アニシモフ
ロシア功労芸術家、演出家、スタニスラフスキー・システム研究家として、露・欧・米・韓・日と、世界的に活動。93年文化庁芸術祭優秀賞受賞。
「芸術と文化が人類に与える影響」を考えるシンポジウムも世界各地で開催。日本でもメタカルチャーを合言葉に、世界中から文化人や学者が集まり協議する5回の国際シンポジウムを主宰。
スタッフ 芸術監督・演出=レオニード・アニシモフ/美術=セルゲイ・アクショーノフ
キャスト 天祭揚子/中澤佳子/妻鹿有利花/菅沢 晃/渡部朋彦/上世博及 ほか
お問い合わせ 東京ノーヴイ・レパートリーシアター
03-5453-4945
info@tokyo-novyi.com
東京ノーヴイ・レパートリーシアターHP 
その他
お問い合わせ
(平日10:00〜17:00)

入場料金

シアターΧ公演 前売4,000円/シアターΧ公演 学生2,500円/シアターΧ公演 7演目セット券(各演目1回ずつ、50セット限定、この期間のみ使用可)15,000円/芸術鑑賞席(TNRT作品を初見の方、お一人様一回限り、各公演3席、電話予約のみ)0円(税込)

※当日券は各劇場300円増(学生、子供は一律料金)
※芸術鑑賞席ご利用の方には、後日メールにてアンケートにご協力いただきます。

チケット発売窓口

東京ノーヴイ・レパートリーシアター(平日10:00〜17:00) 03-5453-4945
http://www.tokyo-novyi.com

公演日程

2009年5月3日(日・祝) 〜 5月10日(日)

上演時間  

2009年5月

3
  • 18:00※
  •  
  •  
4
  • 18:00○
  •  
  •  
5
  • 18:00●
  •  
  •  
6
  • 18:00A
  •  
  •  
7 8
  • 18:00◎
  •  
  •  
9
  • 18:00☆
  •  
  •  
10
  •  
  •  
  • 18:00B
11 12 13 14 15 16
※=『三人姉妹』○=『ワーニャ伯父さん』●=『かもめ』◎=『どん底で』☆=『ハムレット』
A=『曾根崎心中』アフタートークあり B=『銀河鉄道の夜』アフタートークあり

ほかに、下北沢南口より徒歩80歩の劇場において5/30日まで毎週公演を行っております。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12116

トラックバック一覧