悪い芝居『嘘ツキ、号泣』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

悪い芝居

vol.8

『嘘ツキ、号泣』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年4月16日(木)〜4月20日(月)
会場 ART COMPLEX 1928
〒604-8082 京都府京都市中京区三条御幸町東南角 1928ビル3F
PR・解説 嘘ツキが自分で自分を「嘘ツキ」と呼んだ日、
世界はパンクに引っくり返り小粒な涙のお雨を降らす。

悪い芝居半年ぶりの新作は、ベロ出しっぱなしで嘘をツク。

嘘は罪か、妄想か。

ああ、嘘ツキよ、正直に「私は正直モノ」と嘘をツケ。
ぐるぐると回転が止まらない!
嘘ツキだけが知っている過去が容赦なく、現在に迫ってくるっ!

京都を拠点に活動する若手劇団「悪い芝居」、湧き出す衝動を勢いに乗せて、荒削り生のまま、世界につながる空へと翔け昇れ。

悲喜劇騙し合い、心優しい京都東京2都市ツアー。

とりあえず「死にたい僕」を「生きてる人間」と呼びましょう!! …何じゃ、この芝居。
ストーリー アカリは、嘘ツキだ。これは本当のことである。アカリは嘘ツキだ。本当だ。嘘じゃない。
アカリの半生は携帯小説みたい。

芸大5回生のアカリは喫茶店でバイトしている。その喫茶店で、アカリは個展を開くことになる。アカリは絵を描く作業のかたわら、高校時代を思い出す。

6年前。美術部顧問のコモリダ先生に、アカリは生まれて初めてほめられた。先生にほめられたくて、アカリは絵を描き続けた。アカリを美術部に誘ったのは、ミカ。親友だった。大好きだった。先生と付き合って、6年前に殺された。そして、アカリはミカを描いた。

その絵をアカリは個展で飾る。
一生、治ることない口下手なアカリの、唯一の表現。唯一のコミュニケーション。それが、アカリの描く絵。絵を通し、物語は、6年前と現在を行き来する。嗚呼、過去の回想なんてデタラメかもしれない。なぜならアカリしか過去を知らない。

オオカミ少年少女しかしない、悪い芝居「嘘ツキ、号泣」

本当にオオカミが来たら、誰にも言わない。だって、わたし食い殺される方がかっこいいじゃない。

悪い芝居は、嘘ツキです。嘘ツキだらけのミステリー、収集つかない、めんどくさい。ご期待ください。

チケット発売日

2009年4月1日(水)

公演日程

2009年4月16日(木) 〜 4月20日(月)

2009年4月

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12175

トラックバック一覧