劇団民藝『来年こそは』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団民藝

『来年こそは』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年5月21日(木)〜6月1日(月)
会場 紀伊國屋サザンシアター
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
PR・解説 土とともに生きる家族の絆。おしよせる不況の波……珠玉のカナダ演劇、日本初演!

北米ではニューヨークに次ぐ演劇都市トロント。80年代カナダ創作劇運動の牽引役を担ったアン・チスレットの代表作を上演します。『来年こそは』は1986年カナダ初演。地方新聞の記者キース・ロウルストンとの共作です。土地を愛し農業を慈しむカナダの農家が、投資効率だけを追って農業のビジネス化を謀るアメリカ金融資本によって、蝕まれてゆく姿を骨太に描く傑作です。
農業の将来! いまや全世界的問題となっている重いテーマを採り上げながら、展開するのは草の根に生きる人びとの日常。家畜や作物と対話し「土に生きる喜び」を親から子へと伝え守り抜いていく一家の姿には、ホームドラマとしてのぬくもりも充分です。
ストーリー トロント郊外。パービス家は、近隣の模範となるような家族的農場経営をしていたが、銀行の巧みな融資話にのせられて経営規模を拡大。そこへ不況が襲い資金繰りが破綻。抵当の農地は銀行経由で「はげたかファンド」の手に……。
スタッフ 作=アン・チスレット/作=キース・ロウルストン/訳=吉原豊司/演出=高橋清祐/装置=内田喜三男/照明=秤屋和久/衣裳=宇野善子/効果=岩田直行/演出助手=松本昌子
キャスト 水谷貞雄/岩下 浩/杉本孝次/竹内照夫/伊東理昭/横島 亘/披岸喜美子/樫山文枝/田畑ゆり/津田京子/若杉 民/渡辺えりか
お問い合わせ 劇団民藝
044-987-7711
seisaku@gekidanmingei.co.jp
劇団民藝ホームページ

チケット発売日

2009年4月15日(水)

入場料金

一般6,300円/学生割引3,150円/ナイトチケット4,000円(全席指定・税込)

ナイトチケットは夜公演の後部席限定。

チケット発売窓口

劇団民藝 044-987-7711

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:393-338
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:34045
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2009年5月21日(木) 〜 6月1日(月)

上演時間 約2時間45分

2009年5月

17 18 19 20 21
  •  
  • 18:30
  •  
22
  • 13:30
  •  
  •  
23
  • 13:30※
  •  
  •  
24
  • 13:30※
  •  
  •  
25
  • 13:30
  •  
  •  
26
  • 13:30
  • 18:30
  •  
27
  • 13:30
  •  
  •  
28
  • 13:30
  •  
  •  
29
  •  
  • 18:30
  •  
30
  • 13:30※
  •  
  •  
31
  • 13:30※
  •  
  •  
           

2009年6月

  1
  • 13:30
  •  
  •  
2 3 4 5 6
※無料託児サービスあり。要予約。お問い合わせは劇団民藝へ。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12191

トラックバック一覧