劇 時伝人 希求座『涙くんさよなら』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇 時伝人 希求座

第11回新作名古屋公演

『涙くんさよなら』〜姫子、薬害患者と出会う〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年5月22日(金)〜5月24日(日)
会場 中村文化小劇場
〒453-0053 愛知県名古屋市中村区中村町字茶ノ木25
PR・解説 突然の書き込み失礼致します。私たちは名古屋を拠点とする個々に仕事をもちながら演劇創造をする市民劇団 劇時伝人 希求座です!

今回、希求座では新作11作品目ということで、現在大きな問題になっている「C型肝炎訴訟」の問題を取り上げ、公演を行ないます。

この公演を通じて、こつこつとまじめに働く人たちが幸せになれるような社会にしようとするメッセージをこめるとともに、「薬害はどうして起きたのか?」について皆で考えようという願いをこめたお芝居です。

応援者である「川田龍平議員」には3月に取材を行い実際にお会いして、自身の体験や現在の状況等をお話していただきました。劇団員一同、川田議員のお話に感動し今回の公演成功への団結感をさらに堅く心に刻みました!!
ストーリー 2002年春、青年教師・立松新伍は、初めて担任を持つことになったことを肝臓がんで亡くなった母の仏前で報告した。仕事への思いを熱くし希望に満ちていた新伍だったが、体調を崩してしまう…。

 時を同じくして東洋テレビ報道局ではC型肝炎専門チームが選抜され、血液製剤による薬害の可能性を察知し、製薬会社が全て回収したとされる薬を追いかけ始めていた。

 新伍は自分がC型肝炎だと知る。なぜこんなことになったのか?薬害を疑い、病院で出会った謎の女・姫子たちの協力を得て、その正体を探り始める。

 繰り返されてきた薬害問題。その中で被害者たちはどのように苦しみ、生きたのか?
 薬害が二度と起こらないように…その願いをこめて今いちど希求座が問い直す!
お問い合わせ WEB担当 国島
starrush@mwc.biglobe.ne.jp
希求

チケット発売日

2009年4月1日(水)

入場料金

全席自由

公演日程

2009年5月22日(金) 〜 5月24日(日)

上演時間 約2時間30分

2009年5月

17 18 19 20 21 22
  • 18:30
  •  
  •  
23
  • 13:30
  • 18:00
  •  
24
  • 11:00
  • 16:00
  •  
25 26 27 28 29 30

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12219

トラックバック一覧