TYPES『月葬』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

TYPES

TYPES10周年記念公演 第2弾

『月葬』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年5月5日(火・祝)〜5月10日(日)
会場 中野ザ・ポケット
〒164-0001 東京都中野区中野3-22-8
PR・解説 東京を拠点に年3〜5公演のペースで活動しています。
作品はオリジナル、シェイクスピア(翻訳/小田島雄志氏より上演許可)、現代劇・原田宗典、筒井康隆、中津留章仁(全作品において上演許可をいただいております)、古典劇からコメディーまで多岐に渡ります。
ストーリー 隕石が衝突し、軌道が変わってしまった月。
次第に地球から遠ざかり、もうすぐ月は地球から見えなくなる。そこは、隆起した岩の上に位置する【ヘカテラ】という小さな国。
その独特の地形のため、この国では隣国との国交がほとんどない。まさしく陸の孤島としての歴史を紡いできた国である。
国境近くのこの町では、弾圧され逃れた古い宗教の修道士と、先住民の子孫が古い戒律のもとに暮らしていた。舞台となるのはその町の古びた貧しい修道院である。ヘカテラはその地形上、かつて【地球上で最も月に近い場所】と呼ばれていた。
そのため、死者を弔う風習には独特なものがある。
それは満月の夜に死者の灰を月に向けて散布する、月葬 と呼ばれる風習であった。だが月は遠ざかり、その信仰の行き場を失った現在において、街ではこの風習を廃止する事が検討されていた。
死んでいく者。離れていく月。喪失感と呪縛。罪と償い。そして、人々の倹しい生活。それらを紡いだ
月にまつわる、愛する者への憎愛と死の物語。
スタッフ 演出=新本一真(TYPES)/脚本=藤森俊介(ダムダム弾団)/音楽=北原慎治(ダムダム弾団)
キャスト 寿大 聡/岡田雄一/音室亜三弓/石田尚巳/松岡美希/横関咲栄/脇田真粹/木嶋のりこ/仙波祐介/入口寛子/小林美穂/武 志道/上杉 豪/五島三四郎/小峰沙織/古山彩美/川上洋一郎/幸田岳大/高橋かおる
お問い合わせ オフィスタイプス
03-6677-2562
types-ticket5@ezweb.ne.jp
TYPESホームページ

チケット発売日

2009年3月31日(火)

入場料金

前売3,800円/当日4,000円(全席自由・税込)

パンフレット付き

チケット発売窓口

オフィスタイプス 090-1852-5716

公演日程

2009年5月5日(火・祝) 〜 5月10日(日)

2009年5月

3 4 5
  • 18:00
  •  
  •  
6
  • 14:00
  • 18:00
  •  
7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 19:00
  •  
  •  
9
  • 14:00
  • 18:00
  •  
10
  • 14:00
  •  
  •  
11 12 13 14 15 16

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12337

トラックバック一覧