海千山千『楽屋』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

海千山千

海千山千プロデュース公演第16発!!

『楽屋』流れ去るものはやがてなつかしき

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年6月16日(火)〜6月21日(日)
会場 OFF OFFシアター
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8
PR・解説 毎年オリジナル作品を発表している海千山千が、はじめて既成の台本に挑戦する。清水邦夫氏初期の傑作のひとつで、氏の代表する木冬社ほか、あらゆる劇団で上演され続け、その勢いは今も止まらない。
今回は、プロデュース公演ならではの、異色女優の組合わせで上演する。いつも、作演出を担当する鯨エマも、久々に役者として出演。
演出は、エネルギッシュで、ストレートな表現が最近話題になっている西沢栄治氏。音楽は、海千山千毎度おなじみの森田浩司氏。
今年も、大小あわせて、この「楽屋」の上演が相次いでいる。是非、うちの楽屋も覗き見してみてほしい。
ストーリー 鏡に向かい、化粧にいそしみながら、来るはずのない出番を待っている二人の女優の亡霊。表舞台ではいま、かの有名な「かもめ」を上演している。二人はそれぞれ、生前の役者生活について、ときには喧嘩腰に語り合っている。
「かもめ」が終わり、主演女優が楽屋に戻ってくる。そこへ、以前プロンプターを務めていた若手女優が、枕を抱えて入ってきた。枕を差し出しながら主演女優ににじり寄り、訴えたことは・・・・?!
スタッフ 作=清水邦夫/演出=西沢栄治(JAM SESSION)/音楽=森田浩司/舞台監督=清水義幸(カフンタ)/照明=大島早保子/音響=二木くみこ/美術=松本わかこ/宣伝美術=BON山本/制作=松岡正勝/企画製作・バリアフリーサービス=鯨エマ
キャスト 多田慶子/高橋礼恵(文学座)/谷村実紀/鯨エマ
お問い合わせ 海千山千
03-6323-4252 / 090-8083-6888
info@kujira-enter.sakura.ne.jp
鯨エンターテイメント

チケット発売日

2009年4月25日(土)

入場料金

一般3,500円/早割(5月25日までのご購入)3,000円(税込)

チケット発売窓口

海千山千(松岡) 070-5416-2316
http://kujira-enter.sakura.ne.jp/
ホームページの予約フォームからお願いいたします。

チケット販売サイトへ

海千山千(鯨) 090-8083-6888
音声ガイドを御利用になる方、車椅子を御利用の方など、バリアフリーサービスをご利用の方は、こちらにお電話下さい。

公演日程

2009年6月16日(火) 〜 6月21日(日)

2009年6月

14 15 16
  • 19:30
  •  
  •  
17
  • 19:30
  •  
  •  
18
  • 14:30
  • 19:30※
  •  
19
  • 19:30
  •  
  •  
20
  • 14:30※
  • 19:30
  •  
21
  • 13:00
  • 17:00
  •  
22 23 24 25 26 27
※視覚障害者用音声ガイドがあります。(1回8名様まで、要予約)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12354

トラックバック一覧