エムキチビート『昇鳴蛇 Cry:me Snake』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

エムキチビート

エムキチビートPremium act

『昇鳴蛇 Cry:me Snake』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年6月25日(木)〜6月28日(日)
会場 シアターグリーン BIGTREEシアター
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-20-4
PR・解説 2006年にエムキチビートの現体制が確立された公演、『昇鳴蛇』の待望の再演となります。
当時小劇場で上演された時から舞台・客席数は約3倍の大きさです。
ひとつの時代が終わる刹那、暁の空の下で白虎隊の少年たちは何を見たのか。
幕末明治維新を舞台に、会津戦争を舞台に虚構の世界を描きます。
ストーリー 昔々。まだ山には神様が居て。子供達は剣の稽古に励む。そんな昔。
この国では大きな戦がありました。
時は幕末明治維新、世はだるまも転ぶ時代の刹那。
西は明治新政府軍。東は江戸幕府軍。
京都鳥羽伏見での大決戦にて、あわれ江戸幕府軍は全面敗北。
その後。江戸城の無血開城と上野戦争により、江戸は東京と相成り申す。
転がり続けるだるまの如く、追い詰められる江戸幕府軍。
そして戦いの部隊は北越・会津へ。
其の時、白虎隊の少年達が見た、城より天へと昇る煙はまるで一匹の蛇の様だった。
空へと昇る蛇が輪を描く。

そして僕の世界は暗転した。
スタッフ 脚本・演出=元吉 庸泰/照明=河上 賢一(La sens)/音響=はら ことり/舞台美術=泉 真/映像=田倉 紗代美/舞台監督=松澤 紀昭/衣装=鷺 典子(グレイスデザインオフィス)/メイク=ヤマダイサオ(JET)/宣伝美術=小林直樹・高橋陽子(デザインクリーチャーズ)/票券=伊藤 静香(Karte)
キャスト 高木 俊(ブリングアップ)/栗原 功平(劇団スーパー・エキセントリック・シアター)/立花 拓也(BQMAP)/江嵜 大兄(太田プロダクション)/小沢 道成(虚構の劇団)/野口 裕樹(Nの2乗)/太田 守信/瀬戸 千夏/角田 紗里(オフィスPAC)/木田 友和(ナグラチーム)/舞山 裕子(劇団昴)/渡辺 慎平(劇団昴)/和田 亮一/杉村 理加(テアトルエコー)/NIY/木元 雅友(かむゐインターナショナル)/中 泰雅/福原 冠(国道五十八号線船)/andエムキチビート
お問い合わせ エムキチビート事務局
080-3516-8835
info@emukichi-beat.com
エムキチビートHP

チケット発売日

2009年5月1日(金)

入場料金

前売り3,500円/当日3,800円/昼割チケット3,200円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

エムキチビート 08035168836
http://www.emukichi-beat.com
エムキチビートHP内チケットフォームにて予約承ります。

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:394-778

公演日程

2009年6月25日(木) 〜 6月28日(日)

2009年6月

21 22 23 24 25
  • 19:30
  •  
  •  
26
  • 14:00○
  • 19:30
  •  
27
  • 14:00
  • 19:30
  •  
28
  • 14:00
  • 18:00
  •  
29 30        
○=昼割チケット値段(要予約)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12365

トラックバック一覧