かわせみ座『まほろばのこだま』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

かわせみ座

自主公演

『まほろばのこだま』ののさまたちが目を覚ます

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年7月10日(金)〜7月11日(土)
会場 赤坂区民センターホール
〒107-0052 東京都港区赤坂4-18-13 赤坂コミュニティぷらざ内
PR・解説 かわせみ座はこれまでにも、「まほろば」として日本の伝説、民話をモチーフに河童や鳥天狗といった”もののけ”が登場する作品を発表してきました。
そしてかねてよりスタジオ・ジブリの高畑氏の構成・演出を熱望していた山本由也と益村泉がお願いしたところ、かわせみ座の世界に共感された氏がご快諾下さり、2000年10月に「まほろばのこだま」として生まれ変わりました。
「平成狸合戦ぽんぽこ」などを手掛けた高畑氏の、失われていく自然や、”もののけ”たちへ向けられる温かい眼差しは、かわせみ座の精巧な人形と優れた技術の魅力を十二分に引き出し、観客席を静かな感動で包み込みました。
2001年には俳優座劇場で再演を果たし、高畑氏は「古典たりうる作品」と名言。
その後国内外で公演を重ね、より深みのあるかわせみ座の代表作として成長を続けております。
ストーリー あやつりの糸をたぐって命が宿る……
アニメーション映画監督高畑勲の構成・演出による人形芝居。
この作品は、日本の伝説、民話をモチーフに、夢・現・幻をつづったオムニバス形式の小品集です。
台詞は一切なく、わらべ唄と音楽とヴォイス・パフォーマンス、表現者自身と人形を表現媒体とした舞台空間芸術です。
「まほろばのこだま」の主役は、現代日本人の意識から薄れている伝説や民話に登場する生き物、精霊、魔物や自然そのものです。
スタッフ 作・原案=山本由也・益村泉/構成・演出=高畑勲(スタジオ・ジブリ)/人形美術・舞台美術=山本由也 ほか
キャスト 山本由也/益村泉/河南有香/飛翠
お問い合わせ かわせみ座
03-3315-3102
information@kawasemiza.com
かわせみ座HP

チケット発売日

2009年5月28日(木)

入場料金

一般:前売り3,000円/一般:当日2,000円/ユース割引:前売り2,000円/ユース割引:当日2,500円(全席指定・税込)

*ユース割引は、20歳未満または学生の方/
入場時に年齢を証明出来る物もしくは学生証提示

チケット発売窓口

かわせみ座 03-3315-3102

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2009年5月28日(木) 〜 7月11日(土)

2009年5月

2009年6月

2009年7月

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12379

トラックバック一覧