乞局『芍麗鳥』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

乞局

第16回公演

『芍麗鳥』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

※=前半割引期間の終演後、
短編映画「グレムリンの行程」
(監督・下西啓正・2008年製作)上映あり。

公演データ

公演期間 2009年6月17日(水)〜6月22日(月)
会場 駅前劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8
ストーリー その外人墓地は、小さなお堂が立ち並んでいる造りで、
その故人がどれだけ大人物だったかが分かる。
その墓地も、次第にその敷地を広げていき、
ついには煉瓦造りの車道も出来て、程よいドライブスポットになっていった。
そこに隣接するようにして緑化公園も出来た。

その一角、既に木々も生長しすぎて管理も行き届かなくなった箇所に、
当然のように浮浪者が集まりだした。
男だけではない、女性の浮浪者も昨今は増えている。
彼らはその区域の雰囲気を察してか日中は姿を現さない。
一般人に遭遇しないように生活していると、
そこはもしかしたらもう別の越天地なのではないかと錯覚が起きてしまう。

「! もう自分はもう人間ではないのだ」
「ここを我々の国にしよう」

自分たちが立国する初代なのだからいっそのこと人間を放棄して【神々】になろうとした。
しかし、それらすべての頂点、全能の神に位置する【唯一神】だけは誰もなろうとしなかった。
それを名付けられると言うことはすなわちリーダーになることを意味したからだ。
責任が重い上に誰も自信がない。
そもそもそういう俗世間の価値観を嫌って浮浪者になった筈なのに…。
スタッフ 脚本・演出=下西啓正/舞台美術=袴田長武+鴉屋/照明=吉村愛子(Fantasista?ish.)/音響効果=平井隆史(末広寿司)/舞台監督=棚瀬巧+至福団/衣装=中西瑞美/宣伝美術=鈴木敏夫/W E B=柴田洋佑(とくお組)/制作=上田郁子(オフィス・ムベ)/製作=乞局(コツボネ) ほか
キャスト 岩本えり(乞局)/下西啓正(乞局)/墨井鯨子(乞局)/西尾佳織(乞局)/三橋良平(乞局)/池田ヒロユキ(リュカ.)/石田潤一郎/伊藤俊輔(ONEOR8)/佐野陽一(サスペンデッズ)/笹野鈴々音/佐藤みゆき(こゆび侍)/島田桃依/立蔵葉子(青年団)/中島佳子
お問い合わせ 乞局制作
080-3096-8432
kotubone@gmail.com
乞局ホームページ

チケット発売日

2009年5月1日(金)

入場料金

前売り・予約3,000円/当日3,500円/前半割引(前売り)2,500円/前半割引(当日)3,000円/学生割引2,500円/喪服割引2,500円(全席自由・税込)

前半割引:17(水)〜19(金)

チケット発売窓口

CoRich チケット予約フォーム

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:392-805

公演日程

2009年6月17日(水) 〜 6月22日(月)

2009年6月

14 15 16 17
  •  
  •  
  • 19:30※
18
  • 14:00※
  •  
  • 19:30※
19
  •  
  •  
  • 19:30※
20
  • 14:00
  •  
  • 19:00
21
  •  
  • 15:00
  •  
22
  • 14:00
  •  
  • 19:00
23 24 25 26 27
※ … 前半割引期間(前売り¥2,500・当日¥3000)
   終演後、短編映画「グレムリンの行程」上映あり。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12387

トラックバック一覧