日本劇団協議会『賭博師・梟 ―Fukuroh』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

日本劇団協議会

次世代を担う演劇人育成公演

『賭博師・梟 ―Fukuroh』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年6月3日(水)〜6月7日(日)
会場 シアターグリーン ビッグツリー
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-20-4
PR・解説 泥まみれになりながらも、己の全てを賭けて懸命に生き抜く人々を描いた活劇で、命と命のぶつかり合いが臨場感たっぷりに繰り広げられます。脚本・演出を手がけるさいふうめいこと竹内一郎は、著書『人は見た目が九割』や長編マンガ『勝負師伝説 哲也』の原作など、各方面でベストセラーを生み出す人気作家でもあります。テレビドラマやマンガなどの持つ長所を意欲的かつ複合的に盛り込み、エネルギッシュで躍動感溢れる舞台を構築しています。メディアの持ち味を存分に活かした作品は、様々な年代のお客様に楽しんで頂けるものと自負しております。
ストーリー 舞台は、敗戦直後1947年、函館にある賭場『五稜郭』。そこにアイヌ出身の天才賭博師・フクロウが現れる。敗戦で国家に裏切られ、戦後社会の目まぐるしい変化について行けず、人生の指針を失った男たちは、命の次に大切な金を賭けて戦っていた......はずだった。しかし、そこで賭けられていたものは、それぞれの人生、悲哀や孤独の中に切り拓いた自らの人生そのもの、高邁な精神、魂の輝きのかけらだった!種目は『ギャンブルの終着駅』と呼ばれる『ホンビキ』。失うものは何もない男たちがそこで得たものは......。そして、彼らが命を賭けて守った約束は......。
スタッフ 作=さいふうめい/演出=竹内一郎/装置=内山勉/照明=竹井崇(タケスタジオ)/音響=射場重明/音楽=平岩佐和子/衣裳=五十嵐博子/宣伝美術=星野泰視/演出助手=駒形亘昭/舞台監督=手塚耕一 ほか
キャスト 河原崎次郎(劇団俳優座)/福原まゆみ(劇団俳優座)/平林弘太朗(劇団昴)/斉藤真/勝山了介/堀越健次/井田紀子/大川原直太/大久保卓洋/吉田恭子/須藤ひろい(育成対象者)/大多和芳恵(育成対象者)/大庭光皓(育成対象者)/牛迫雄大(育成対象者)/佐伯翠(育成対象者)
お問い合わせ 劇団俳小
03-3987-1787
info@haishou.co.jp
賭博師・梟 ホームページ

チケット発売日

2009年4月1日(水)

入場料金

3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団俳小 03-3987-1787

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:786-133

公演日程

2009年6月3日(水) 〜 6月7日(日)

上演時間 約1時間45分

2009年6月

  1 2 3
  • 19:00B
  •  
  •  
4
  • 19:00A
  •  
  •  
5
  • 14:00B
  • 19:00A
  •  
6
  • 13:00A
  • 17:00B
  •  
7
  • 13:00B
  • 17:00A
  •  
8 9 10 11 12 13

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12517

トラックバック一覧