ストアハウスカンパニー『箱』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ストアハウスカンパニー

The last tour in江古田 第6弾

『箱』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年7月22日(水)〜7月26日(日)
会場 江古田ストアハウス
〒176-0005 東京都練馬区旭丘1-76-8 第5東京ビル4F
PR・解説 ストアハウスカンパニーが拠点としてきました江古田ストアハウスが今月いっぱいで閉館します。
『箱』は1998年に初めてフェスティバルに参加した際、初演しました。初めて海外の劇団と付き合うにあたり、ずいぶん悩みました。どんなに詳細な字幕を付けたところで「言葉の壁」は越えられないのではないか?じゃ、言葉を無くしたら?というわけでこのスタイルが始まりました。が「言葉の壁」は相変わらず乗り越えられず、身体もまた言葉であるということに気づきました。
この劇場と別れるにあたり、今のストアハウスカンパニーを作った『箱』を上演します。
どうぞ、江古田ストアハウスとのお別れにお立会いください。
ストーリー 『箱』は、箱が動き続ける芝居です。
そうはいっても、舞台の中に、何らかの仕掛けが施されているわけではありません。舞台に登場するいわゆる俳優とか、パフォーマーと呼ばれる人々が、箱を動かし続けます。
舞台の上には、幅90cm、高さ30cm、奥行き30cmの、20個の木製の箱が置かれています。
彼らは、目の前にある、箱を動かします。
彼らは、箱を運び続けます。
彼らによって動かされ、運ばれるたびごとに、「箱」は、「壁」や、「道」や、「穴」や、「門」になります。箱を動かし、運び続ける彼らの姿は、いわゆる俳優とかパフォーマーではなく、まるで労働者のようです。
彼らは「箱」を動かします。
彼らは「箱」を運び続けます。
そして、「箱」は、動き続けます。
スタッフ 構成・演出=木村真悟/演奏=伊澤知恵/照明=上川真由美/音響=高橋秀雄/舞台美術=袴田長武/制作=木村紀子
キャスト 真篠剛/谷村聡一(ヒンドゥー五千回)/茂木夏子/鈴木平人/盛岡大地/林正子/高野夏美
お問い合わせ ストアハウス
03-3954-7246
info@storehousecompany.com
ストアハウスカンパニー

チケット発売日

2009年6月8日(月)

入場料金

3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

ストアハウスカンパニー 03-3954-7246

チケット販売サイトへ

公演日程

2009年7月22日(水) 〜 7月26日(日)

2009年7月

19 20 21 22
  • 19:30
  •  
  •  
23
  • 19:30
  •  
  •  
24
  • 19:30
  •  
  •  
25
  • 15:00
  • 19:00
  •  
26
  • 15:00★
  •  
  •  
27 28 29 30 31  
★…終演後ポストトークあり
「江古田ストアハウスの25年」ゲスト:演劇評論家・西堂行人氏

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12518

トラックバック一覧