演劇倶楽部『座』/(財)広島市文化財団アステールプラザ『詠み芝居「野菊の墓」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇倶楽部『座』/(財)広島市文化財団アステールプラザ

アステールプラザ芸術劇場シリーズ

『詠み芝居「野菊の墓」』「僕はもとから野菊がだい好き。民さんも野菊が好き・・・」―日本の〈純愛〉をあなたに。

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

「民さんは野菊のような人だ」
「政夫さんは竜胆のような人だ」
17才の民子と15才の政夫との間に芽生えた、初心で純真ゆえに叶えられなかった幼い初恋。
綿摘みの思い出、矢切の渡しの別離・・・・・・
静かな田園を舞台に描かれる伊藤左千夫の代表作。
時代を超えて読みつがれる珠玉の純愛物語を、原文のまま鮮やかに舞台化!

公演データ

公演期間 2009年7月16日(木)
会場 アステールプラザ中ホール
〒730-0812 広島県広島市中区加古町4-17
PR・解説 日本の純愛小説の原点として、繰り返し映画化・ドラマ化されている、伊藤左千夫の代表作「野菊の墓」を、“日本のことば・日本の心”にこだわり続ける演劇倶楽部『座』が、小説の原文のままの舞台劇『詠み芝居』(登録商標)としてお贈りします。一言一句小説そのままに上演することにより、伊藤左千夫の描いた美しい日本語で綴られる情景、作品の豊かさ・味わいを、直に感じて頂けます。また、チェロとピアノのオリジナル曲による生演奏がお芝居に加わり、民子と政夫の淡い初恋物語の中に自然に引き込まれ、劇場空間全体の涙を誘います。
ストーリー 政夫は15歳、いとこの民子は二つ年上の17歳。政夫の母が病気のため、民子は政夫の家に仕事の手伝いや母の看護のために来ていた。二人は大の仲良しで、いつも一緒に遊んでいた。しかし、二人の仲を家の者や村の者に噂されるようになり、政夫の母から「二人に何もないことは分かっているが、人の口がうるさいから、ただこれから少し気をつけろ」と意味あり気の小言を言われて、今まで何の気もなかった二人は無邪気でいられなくなってしまう。ある日、政夫と民子は母の言付で山畑の綿を取りに行くが、帰りが遅くなってしまったために、家の者たちの非難の嵐を呼び起こした。そのため、二人に理解が深かった政夫の母も二人を引き離すため、政夫を早々に町の中学校へ入学させる決断をしたのである。民子は小雨の降る矢切の渡しで、一言も言葉を交わさず政夫を見送った。この別れが、生涯の別れになることを二人は知るはずもなかった。
スタッフ 原作=伊藤左千夫/構成・演出=壤 晴彦/振付=林 千永/音楽=太宰 百合/美術=大田 創/音響=寺田 泰人/照明=A.S.G/舞台監督=加藤事務所
キャスト 壤 晴彦/内山 森彦(コスモプロジェクト)/蒔村 三枝子/高山 春夫/高野 力哉/相沢 まどか/吉田 葵/五十野 睦子/秦 和子/忌部 祥/飯田 奈織/溝上 伊都子/太宰 百合(ピアノ演奏)/河田 夏実(チェロ演奏)
お問い合わせ 演劇倶楽部『座』
03-6431-0377
info@za01.com
演劇倶楽部『座』公式ホームページ

入場料金

前売4,500円/当日5,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

演劇倶楽部『座』 03-6431-0377

チケット販売サイトへ

アステールプラザ情報交流ラウンジ 082-244-8000
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-006 Lコード:64350
南区民文化センター 082-251-4120

公演日程

2009年7月16日(木)

上演時間 約2時間(途中休憩無し)

2009年7月

12 13 14 15 16
  • 18:30
  •  
  •  
17 18

「詠み芝居」は演劇倶楽部『座』の登録商標です。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12569

トラックバック一覧