すずしろ『ふたりのイーダ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

すずしろ

関 弘子追悼

『ふたりのイーダ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年6月25日(木)〜6月28日(日)
会場 下北沢アレイホール
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-24-8 アレイビル3階
PR・解説 故関弘子のもと、日本語の美しさを大切にし、言葉に敏感な舞台作りを目指してきた“すずしろ”による『ふたりのイーダ』。大人も子供も楽しめるこの作品を、1995年の初演以来、いろいろな場で上演してきましたが、このたび13年振りに再演します。
語り継がれなければならない戦争のこと。原爆のこと。それを「不思議」と「冒険」に満ち満ちた物語に託した松谷みよ子の名作を、「語り」の手法で舞台化します。この作品の根幹を貫く「いのちの流れ」に耳を傾け、ひとつひとつの命がどんなにかけがえのないものなのかを、もう一度問い直すために。
ストーリー 夏休み、古い城下町にあるおかあさんの実家に預けられた直樹と、自分のことを「イーダちゃん」と呼ぶ幼い妹ゆう子。直樹は、昼寝をしている間に行方がわからなくなった妹を捜しているうちに、林の中の古ぼけた洋館に入り込み、なんと、歩くイスと出会ってしまう。イナイ、イナイ、ドコニモ、イナイ…そうつぶやきながらイスが待ち続けているのは、その家に住んでいたはずのおじいさんとイーダだという。そして、まるでずっとその家の子だったみたいにイスと遊んでいる、ぼくの妹イーダ。ほこりまみれの日めくりカレンダーが意味するものは何なのだろうか。りつ子というお姉さんも現れ、物語は時を超え、あの日のヒロシマへとつながっていく。
スタッフ 原作=松谷みよ子/脚本・演出=森尻純夫/音響・照明・舞台監督=大野淳一郎
キャスト 佐野美幸/坪井美香/戸室加寿子/渡部美保
お問い合わせ すずしろ
0280-75-1090 / 090-7847-2670
miho-wa@nifty.com
下北沢アレイホール
03-3468-1086
alleyhall@nifty.com
その他
お問い合わせ
平日13:00~18:00のみ

入場料金

前売り3,000円/当日券3,500円/中学生以下2,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

すずしろ 0280-75-1090

公演日程

2009年6月25日(木) 〜 6月28日(日)

2009年6月

21 22 23 24 25
  • 15:00
  • 19:30
  •  
26
  •  
  • 19:30
  •  
27
  • 15:00
  • 19:30
  •  
28
  • 15:00
  •  
  •  
29 30        

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12712

トラックバック一覧