香瑠鼓プロデュース『玉響(たまゆら)に…』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

香瑠鼓プロデュース

香瑠鼓プロデュース

『玉響(たまゆら)に…』(能「班女」を原作として)

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年8月6日(木)〜8月9日(日)
会場 恵比寿・エコー劇場
〒150-0011 東京都渋谷区東3-18-3 エコービル2F
PR・解説 CM、映画などの振付で知られる香瑠鼓(かおるこ)が、2001年より取り組んできた国際公演 (エジンバラフェスティバル、ロンドン公演、ハンガリージャパンフェスティバル) の、久々の新作。
能「班女」をベースにしたダンスをメインに、和楽器や日舞とのコラボレーションなども織り込んだ、ジャポネスクな雰囲気あふれるダンスパフォーマンス公演。
国境や言葉を越えたコミュニケ−ション手段として彼女がとりくむ「即興」を大きくとりいれ、あらゆる層の観客へ“新しい日本の美”を発信します。
ストーリー 第一部 「玉響(たまゆら)に…」(能「班女」を原作として)
一夜の契りを交わした遊女・花子と吉田少将。
それ以来、少将の形見の扇に見入ってばかりの花子は、遊女宿を放逐されてしまう。
恋しい人に逢えない孤独を嘆くように舞い、狂っていく花子。
思いが純粋ならば叶わぬことはないと信じる花子と少将は、再び巡り会うことができるのか…

第二部 日本舞踊×現代舞踊のコラボレーション
第三部 即興によるコミュニケーションの試み
スタッフ 演出・振付=香瑠鼓/演出・音楽監督=門司 肇/照明=石塚貴之/音響=田中庸介/運営・票券=鶴岡智恵子/制作=熊田幸弘
キャスト 香瑠鼓/堀之内真平/福谷セイジ/伊藤 啓/美木マサオ/加藤 舞/中島晶子/梅村美穂子(和太鼓・笙)/サアロ(タップ)/The Stylez すたいるず(花柳輔蔵、古賀崚暉)
お問い合わせ 「玉響に…」制作委員会
03-3685-7079
kaoruco2009@aol.com

チケット発売日

2009年6月6日(土)

入場料金

全席指定5,000円(全席指定・税込)

ラッシュチケット(当日のみ)3,000円
演出上、一部の演技がご覧になりづらい席となる場合があります

チケット発売窓口

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:396-189
プレリザーブ 5月29日(金)11:00〜6月3日(水)11:00

公演日程

2009年8月6日(木) 〜 8月9日(日)

2009年8月

2 3 4 5 6
  •  
  • 19:00
  •  
7
  • 14:00
  • 19:00
  •  
8
  • 14:00
  • 19:00
  •  
9
  • 14:00
  •  
  •  
10 11 12 13 14 15

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12760

トラックバック一覧