弾丸MAMAER『からっぽう』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

弾丸MAMAER

『からっぽう』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年7月23日(木)〜7月28日(火)
会場 あうるすぽっと
〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
PR・解説 衝撃的な展開に喜劇の要素は皆無に等しく、シリアス且つ骨太な世界観に、多くの人が涙した。弾丸MAMAERが得意とする「悲喜劇」の原点ともいえる作品。 何かを失ってしまった時代・平成。何かを忘れてしまったひとりの男。そんな<現在>と激動の<昭和>を一冊の随筆をもとに行き来する時、本当に大切なものが見えてくる。平成の軟弱な男女に主宰・竹重が真正面からメスを入れる! 灼熱のあうるすぽっとに投下されるは、真の夫婦愛か、それとも―。
ストーリー 長年住んだ長屋住宅から介護施設へ移ることになった、ある年老いた男。引っ越し当日に見つけられたノート、それは死別した妻が遺した苦悩と苦闘の記録だった。辿るは40年前、二人で生きた激動昭和。日本が元気を取り戻した高度成長期の裏側で、破滅に向かっていった夫婦生活の断面。悲痛のページをめくった時、男は、妻の本当の顔を知る―。しゃかりきに生きた男と女、ふたつの魂。孤独から聞こえてくる、怒濤の人間ドラマ。
スタッフ 作・演出=竹重洋平/音楽=吉川清之/美術=石井強司(劇団文学座)/照明=中山仁((株)アートプラス)/音響=笠木健司(とんかつ音房)/衣裳=阿部美千代((株)MIHYプロデュース)/舞台監督=山田和彦/宣伝美術=吉田光彦/制作=水橋千佳子/製作協力=安井 ひろみ((有)キィーワード) ほか
キャスト 山口晶由 /中村哲人/小林広実 /河合伸之/田仲晶/安藤純/染谷恵子/川崎清美/木村慎一/瀬川 新一/沢樹くるみ(junction)/土田卓/坂田久美子(J.CLIP)/猿山のぼる(さるしげろっく)/丹羽隆博(劇団バッコスの祭)/宮下千恵/市川草太/田村理絵/大曽根徹
お問い合わせ 弾丸MAMAER事務局
080-5377-7789
info@dangan-mamaer.com
弾丸MAMAER公式サイト

入場料金

前売り4,000円/当日4,500円/平日昼3,700円/学生3,500円/リピーター3,000円(全席指定・税込)

学生・リピーターは劇団扱いのみ

チケット発売窓口

弾丸MAMAER 080-6799-3555
【チケット予約専用アドレス】
dangan-ticket@ezweb.ne.jp
ローソンチケット 0570-084-003
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:394-989
ローソンチケット
lawsonticket.com
Lコード:36538
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2009年7月23日(木) 〜 7月28日(火)

上演時間 約2時間10分

2009年7月

19 20 21 22 23
  •  
  •  
  • 19:00
24
  •  
  • 14:00◎
  • 19:00
25
  •  
  • 14:00
  • 19:00
26
  •  
  • 13:00
  • 17:00
27
  •  
  • 14:00◎
  • 19:00
28
  •  
  •  
  • 19:00☆
29 30 31  
◎=平日昼料金3,700円
☆=追加公演

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12823

トラックバック一覧