新潮劇院『京劇「安天会 〜孫悟空 天界大暴れ〜」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

新潮劇院

満員御礼につき、追加公演決定!

『京劇「安天会 〜孫悟空 天界大暴れ〜」』「除三害」〜不良更生〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年7月4日(土)
会場 烏山区民センター ホール
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-2-19
PR・解説 新潮劇院の京劇公演「安天会」
ご好評にお応えして、7月に追加公演を決定いたしました。
場所は新宿より電車で1本!駅前!の烏山区民ホールです。
さらに「除三害」を特別上演。お見逃しなく!
ストーリー ■安天会(あんてんかい)〜孫悟空 天界大暴れ〜
『孫悟空』が三蔵法師と出会う前、暴れん坊の頃のお話です。
『孫悟空』のいたずらにすっかり手を焼いた神々は、天界での役職を与え、おとなしくさせようと考えたのですが・・
天界の神々と孫悟空との大立ち回りは壮観です!


■除三害(じょさんがい)
幼い頃に両親を亡くした「周処(しゅうしょ)」は、きちんとした教育をうけられず乱暴者に育ち、周りの人々からは、山に住む虎、水に住む蛟(みずち)と合わせて「三害」と呼ばれていました。

「周処」の無法ぶりに手を焼いた人々は「周処」を処罰するよう 上申します。しかし、新任の太守「王澹(おうたん)」は、彼にまだ公正の見込みがあると思い、老人に扮して言葉巧みに説得するのでした…。  

「張春祥」と「殷秋瑞」の二人芝居です。  
ベテラン二人で織り成す舞台をお楽しみいただけます!

「王澹」が不良を公正させるまでの手腕、とくとご覧ください。
スタッフ 演出=張春祥/照明=斉藤 茂男((株)シアタークリエイション)/舞台監督=平井 徹/音響=久道 ゆき/字幕操作=殿原 慶三/デザイン=坂本 貴子
キャスト 張春祥/馬征宏/殷秋瑞/侯偉/張冠玉/陳浩/李光/チャン・チンホイ/張皎月/張烏梅/精進一輝/宮本英喜(LIBLANCE)/北原秀太郎/梶聡志/加藤光一郎/洪剛(鼓士)/許佳(京胡)/金虹(二胡・シンバル)/李海波(大銅鑼) ほか
お問い合わせ 新潮劇院
03-3484-6248 / 080-3486-3352
ticket@shincyo.com
新潮劇院

入場料金

S席(前売)4,500円/A席(前売)4,000円(全席指定・税込)

・世田谷区民は200円引き
・当日券は500円増
・5月公演ご来場の方にはリピーター割引500円!

チケット発売窓口

新潮劇院 080-3486-3352

チケット販売サイトへ

公演日程

2009年7月4日(土)

上演時間 約2時間20分

2009年7月

      1 2 3 4
  • 17:30※
  • 18:00☆
  •  
※…開場
☆…開演

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12834

トラックバック一覧