人形劇団プーク『怪談 牡丹燈籠』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

人形劇団プーク

劇団創立80周年記念公演

『怪談 牡丹燈籠』人形でしか表現できないものがある・・・

  • 公演中
  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年8月20日(木) 〜 8月23日(日)
会場 紀伊國屋ホール
〒163-8636 東京都 東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4F
PR・解説  人形劇団プークは、1967年の初演以来、演出川尻泰司のもと林家正蔵(のちの彦六)とともに、過去四度この作品に取り組み、1980年には、「昭和55年度文化庁芸術祭大衆芸能部門芸術祭大賞」を受賞しました。
 今回の作品では、お露、お米のほか、お国(飯島平左衛門の妾)、おみね(新三郎の孫店に住む伴蔵の女房)という四人のそれぞれの女性の生き方を特徴的に描くとともに、金を得ることによって変わっていく男・伴蔵の人間としての弱さ、滑稽さも人形劇ならではの表現を、井上幸子の演出をはじめ、朝倉摂(装置)、マリオネット(音楽)、若林由美子(人形美術)などの新しいスタッフで、劇団創立80周年にふさわしい牡丹燈籠をお見せしたいと願っております。
ストーリー 武芸者、飯島平左衛門の娘、十七歳のお露(つゆ)は浪人者の萩原新三郎に恋したあげく、焦れ死に(こがれじに)をしてしまう。お露は後を追って死んだ女中のお米(よね)とともに、夜な夜な牡丹燈籠を手に新三郎のもとに通うようになった。
スタッフ 原作=三遊亭円朝/脚色=川尻泰司/潤色・演出=井上幸子/人形美術=若林由美子/装置=朝倉摂/音楽=マリオネット/照明=山内晴雄/音響効果=吉川安志/舞台監督=岡本和彦/宣伝美術=百鬼丸 ほか
キャスト 佐藤達雄/早川百合子/安尾芳明/大橋友子/滝本妃呂美/柴崎喜彦/市橋亜矢子/栗原弘昌/佐藤文子/山越美和/油利衆/朝倉和也
お問い合わせ 人形劇団プーク制作部
03-3370-3371
puppet@puk.jp
人形劇団プーク

チケット発売日

2009年6月15日(月)

入場料金

一般 6,090円 / ネット割引 5,670円 / 学生 4,200円 ( 全席指定・ 税込)

○ネット割引はプークの公式ホームページよりお申し込みください。

○記念公演「牡丹燈籠」パンフレットと、
百鬼丸デザインのクリアファイルをご来場者全員にプレゼントいたします。

○小学校低学年以下のお子さんはご入場になれません。

チケット発売窓口

人形劇団プーク 03-3370-3371
ENGLISH PAGE
http://www.geocities.jp/ukachoro/botan/botan-english.html

チケットを購入する

電子チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:395-173
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:35911
キノチケットカウンター 03-3354-0141
紀伊國屋書店本店5F・窓口販売のみ

公演日程

2009年8月20日(木) 〜 8月23日(日)

2009年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
  •  
  •  
  • 19:00○
21
  •  
  • 15:00★
  • 19:00○
22
  •  
  • 15:00★
  •  
23
  • 11:00○
  • 15:00○
  •  
24 25 26 27 28 29
30 31          
○=受付中
★=混 雑

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12843

トラックバック一覧