ブルドッキングヘッドロック『ケモノミチ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ブルドッキングヘッドロック

ブルドッキングヘッドロックvol.17

『ケモノミチ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年7月8日(水)〜7月12日(日)
会場 ザ・ポケット
〒164-0001 東京都中野区中野3-22-8
PR・解説 「極限状態」の少し外。決壊して流れ出した濁流は、澱んだ田舎町へ辿り着き、そこで新たな濁流を生む。うねりの中で浮かび上がるのは、人のことや家族のこと、生と死のことや、崩壊と再生にまつわるいくつかの出来事。滑稽で、時に汚く、時に愛しい人間模様。やがて全てが流れ去り、最後に我々が目にするのは、見るも無惨な荒野だろうか。できるなら、瓦礫の隙間に芽吹くだろう、新たな希望に目を凝らしたい。

夏、ブルドッキングヘッドロック渾身のクライシス悲喜劇が幕を開ける。
ストーリー 「アイツ」は突然現れて、僕らの住んでいた街を粉々に吹き飛ばした。その巨大な「アイツ」の正体を知るものは誰もおらず、飛び交うのは全て憶測の域のものでしかなかった。勝手に名前をつける者がいたが、僕にはどれもしっくりこなかった。ヘドロの様な体表、奇妙にうねる触手、生臭いニオイと地鳴りの様な鳴き声が、僕の思い出せる「アイツ」のことだった。

遅かれ早かれ、僕は動き出すつもりでいた。ありきたりで申し訳ないが、僕は仕事に行き詰まり、好きな女に裏切られ、なにかをぶち壊してやりたいと思っていた。「アイツ」がどうこうしなくても、僕はいずれことを起こすつもりだったんだ。なんだ、余計なことしやがって。すべて仕切り直しだ。僕は僕を裏切った女を連れて街を離れた。その女にとって、今やオレだけが支えだという。僕はたまらなく心躍った。その女に、「アイツ」が与えた以上の猛烈な地獄を与えてやるチャンスを、僕はひっそりと待ち構えた・・・。
スタッフ 作・演出=喜安浩平
キャスト 西山宏幸/篠原トオル/永井幸子/寺井義貴/小島聰/馬場泰範/山口かほり/藤原よしこ/深澤千有紀/三科喜代/岡山誠/伊藤聡子/喜安浩平/加瀬澤拓未/川上友里(はえぎわ)/川村紗也(劇団競泳水着)/嶋則人(Oi-SCALE/マグズサムズ)/竹井亮介(親族代表)
お問い合わせ ブルドッキングヘッドロック制作部
080-3526-9587
info@bull-japan.com
ブルドッキングヘッドロック

チケット発売日

2009年6月6日(土)

入場料金

前売3,500円/当日3,800円/初日割引3,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

ブルドッキングヘッドロック 080-3526-9587

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:394-507
ローソンチケット
lawsonticket.com
Lコード:35233
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2009年7月8日(水) 〜 7月12日(日)

2009年7月

5 6 7 8
  • 19:00★
  •  
  •  
9
  • 19:00
  •  
  •  
10
  • 14:00
  • 19:00
  •  
11
  • 14:00
  • 19:00
  •  
12
  • 14:00
  •  
  •  
13 14 15 16 17 18
★…初日割引(前売/当日共3,000円)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12861

トラックバック一覧