★☆北区つかこうへい劇団『鬼』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

★☆北区つかこうへい劇団

鬼・第二部

『鬼』〜胡蝶の夢〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

豊かであることが、必ずしも「善」とは言えないこの現代。
「鬼」とはなにか? 「人」とはなにか?
「SAMURAI 7」「女信長」などで脚本を担当してきた渡辺和徳が、現代の「鬼」をテーマに描く「鬼」シリーズ第2作!

公演データ

公演期間 2009年12月9日(水)〜12月13日(日)
会場 滝野川会館
〒114-0024 東京都北区西ヶ原1-23-3
PR・解説 2008年12月に上演された「鬼」が、3部作としてシリーズ化決定!

明治座「あずみ」、新宿コマ劇場「SAMURAI 7」、青山劇場「女信長」など、外部で様々な作品の脚本に携わってきた渡辺が、昨年、満を持して劇団で上演したオリジナル作品「鬼〜贋大江山奇譚」。上演後、たくさんのお客様から「また観たい!」とのお言葉をいただき、三部作での上演が決定いたしました。

豊かであることが、必ずしも「善」とは言えないこの現代。
「鬼」とはなにか? 「人」とはなにか?
現代の「鬼」をテーマに、別の時代、別の場所で描かれるまったく別の物語。

★☆北区つかこうへい劇団が総力を挙げてお送りする新たな「鬼」の世界に、どうぞご期待ください。
ストーリー 戦国の世は終わりを告げた。
人々はようやく訪れた、平穏の時を謳歌しようとしていた。
そんな時代…。

瀬戸内の海を見下ろす里山の、人里離れた山奥に、一組の夫婦がひっそりと暮らしていた。
人目忍ぶように暮らすその夫婦の家の片隅には、一振りの刀があった。

「人はなぜ、失ったものばかりを求めるのでしょうね。
 今、目の前には、こんなにも大切なものがたくさんあるというのに。
 でもなにかを大切に思うということは、それを失うということでもあるのです。
 あなたをどれほど愛しても、いつか私たちには別れの時が来ます。
 …死の時が来ます」

戦乱の過去か、今の平穏か。手にすべき未来は何か。
一組の夫婦が見た、儚い家族の「夢」は、時代の動乱の中に飲み込まれていく。

「だったら、これが私の人生だ」

その時、女は刀を抜いた。
スタッフ 作・演出=渡辺和徳
キャスト 高野愛/逸見輝羊/小川智之/三浦祐介/栗林真弓/久保田創/伊澤玲/渡辺昇/井上賢嗣/渡辺和徳
お問い合わせ ★☆北区つかこうへい劇団
03-5924-1126
mail@tsuka.co.jp
「鬼〜胡蝶の夢」オフィシャルホームページ

チケット発売日

2009年10月10日(土)

入場料金

3,000円(全席自由・税込)

リピーター割引・北区民割引有り
(当日受付のみの販売となります)

チケット発売窓口

★☆北区つかこうへい劇団 http://www.tsuka.co.jp/stage/oni/

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:396-852
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:37673

公演日程

2009年12月9日(水) 〜 12月13日(日)

上演時間 約1時間40分

2009年12月

6 7 8 9
  • 19:00
  •  
  •  
10
  • 19:00
  •  
  •  
11
  • 19:00
  •  
  •  
12
  • 14:00
  • 19:00
  •  
13
  • 14:00
  •  
  •  
14 15 16 17 18 19

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(1人のコメント)

気になるんだけどぉ

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12868

トラックバック一覧