SAP・朝日新聞社『万作・狂言十八選 第十回「法螺侍」「茸」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

SAP・朝日新聞社

『万作・狂言十八選 第十回「法螺侍」「茸」』10年ぶりの再演「法螺侍」!

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

10年ぶりの再演、「法螺侍」がついに登場!

公演データ

公演期間 2009年8月11日(火)〜8月12日(水)
会場 東京芸術劇場 中ホール
〒171-0021  東京都豊島区西池袋1-8-1
PR・解説 「法螺侍」は、シェイクスピアの喜劇「ウィンザーの陽気な女房たち」を高橋康也が狂言に翻案。酒好き、女好きの洞田助右衛門が、騙そうとした二人の女や太郎冠者・次郎冠者から懲らしめられる騒動を描いた演目。
作 高橋康成・演出 野村万作・美術 磯崎 新
10年ぶりの再演!
ストーリー 酒好きで女好きで強がりばかりの洞田助右衛門は、あまりの身のだらしなさがもとで将軍家を追放され、毎日飲み暮らしていたが、ついに酒も、その酒を買う金も底をついてしまします。そこで考えた手が女を騙して貢がせるというもの。家来の太郎冠者と次郎冠者に命じて、二人の女に同一の恋文を届けさせるが、主人の日頃からの勝手な振る舞いに嫌気がさしていた太郎冠者と次郎冠者は、恋文を届ける相手のお松とお竹に事の次第をすっかり話してしまいます。あきれたお松とお竹は太郎冠者、次郎冠者とさらにお松の夫の焼兵衛まで巻き込んで、助右衛門を懲らしめるべく計画を練り始めます。何をされても、何があっても、ちっとも懲りない洞田助右衛門はこの計画で、少しは改心するのでしょうか・・・。
スタッフ 作=高橋康也/演出 =野村万作/美術=磯崎新/舞台監督=小美濃利明/ステージコーディネート=束原繁/照明=照井芳男
キャスト 野村万作/野村萬斎/石田幸雄/高野和憲/深田博治/月崎晴夫/野村裕基 ほか
お問い合わせ SAP(サップ)
03-5226-8537
SAPインターネット予約

チケット発売日

2009年6月15日(月)

入場料金

S席8,400円/A席7,400円/B席5,400円(全席指定・税込)

車椅子席あり。お申し込みはSAPのみ。

チケット発売窓口

SAP 03-5226-8537

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:396-366
楽天チケット
ticket.rakuten.co.jp
ticket.rakuten.co.jp
東京芸術劇場チケットサービス 03-5985-1707

公演日程

2009年8月11日(火) 〜 8月12日(水)

上演時間 約1時間40分

2009年8月

9 10 11
  • 19:00※
  •  
  •  
12
  • 19:00※
  •  
  •  
13 14 15

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=12941

トラックバック一覧