NPO法人アートネットワーク・ジャパン『ドリトル先生と動物たち』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

NPO法人アートネットワーク・ジャパン

子どもに見せたい舞台vol.3

『ドリトル先生と動物たち』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年8月4日(火)〜8月12日(水)
会場 にしすがも創造舎
〒170-0001 東京都西巣鴨4-9-1にしすがも創造舎(旧朝日中学校)
PR・解説 子どもたちに良質の観劇体験をしてほしいという思いから、大人も子どもも楽しめる舞台を演出家の倉迫康史氏と共に製作し、今年で3回目となります。

今回の原作は、長年子どもたちの支持を集める「ドリトル先生航海記」。作者が戦地から子どもたちに宛てた手紙に書かれていたという、動物の言葉を話す医師と動物たちの物語です。
痛ましい出来事に溢れる昨今、ささやかなおこない(DO LITTLE)だけれども、 子どもたちに向けて「愛のものがたり」を作りたいという願いが込められた、家族で楽しめる作品です。
皆様でぜひお運びください。
ストーリー イギリスの片田舎の街、沼のほとりのパドルビーに住む少年トミー・スタビンズは動物語を話す不思議な紳士ドリトル(DOLITTLE)先生と出会います。先生の家には人間語しゃべるオウムのポリネシアや、家政婦をするアヒルのダブダブ、食べることがすきな子ブタのガブガブ、先生に忠実な犬のジップなど、変わった動物たちがたくさん住んでいました。トミーの人生はドリトルファミリーと出会うことで一変!わくわくする毎日が始まったのです・・・
スタッフ 原作=ヒュー・ロフティング(「ドリトル先生航海記」)/翻訳=井伏鱒二/台本・演出=倉迫康史(Ort-d.d)/音楽監督=棚川寛子/美術監督=伊藤雅子 ほか
キャスト 村上哲也(Ort-d.d)/三橋麻子(Ort-d.d)/小田さやか(Ort-d.d)/平佐喜子(Ort-d.d)/渡辺麻依(Ort-d.d)/杉村誠子(Ort-d.d)/金子由菜(Ort-d.d)/小林至(双数姉妹)/加藤幸夫/佐藤円/谷口直子(SeminkoOrchestra)
お問い合わせ NPO法人アートネットワーク・ジャパン
03-5961-5200
「ドリトル先生と動物たち」公式サイト
にしすがも創造舎

チケット発売日

2009年7月1日(水)

入場料金

おとな(18歳以上)1,500円/中高生(中学生〜18歳未満)500円/こども(小学生以下)0円(全席指定・税込)

0歳から入場可/施設内に親子休憩室あり

チケット発売窓口

NPO法人アートネットワーク・ジャパン 03-5961-5200
電話受付:平日11:00〜18:00

チケット販売サイトへ

公演日程

2009年8月4日(火) 〜 8月12日(水)

2009年8月

2 3 4
  • 16:00
  •  
  •  
5
  • 19:00
  •  
  •  
6
  • 16:00
  •  
  •  
7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 16:00
  •  
  •  
9
  • 16:00
  •  
  •  
10
  • 16:00
  •  
  •  
11
  • 19:00
  •  
  •  
12
  • 16:00
  •  
  •  
13 14 15

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=13114

トラックバック一覧