ポジャンマッチャ『アウロラ〜しらせにのって』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ポジャンマッチャ

ポジャンマッチャ第2弾公演

『アウロラ〜しらせにのって』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年7月15日(水)〜7月20日(月・祝)
会場 シアターイワト
〒162-0832 東京都新宿区岩戸町7番地
PR・解説 舞台は南極観測船・初代『しらせ』。平成20年7月に海上自衛隊を退役、その後は展示保存されるだろうという予想に反し、その費用が膨大であることから、処分されることになりました。ちょっと、寂しいエピソードを背負った『しらせ』の最後の任務・・・・・・南極観測隊を乗せ、日本へ向け南極を発つところからお話が始まります。
本作のストーリー発案のきっかけが、キャストの一人の経験でした。実は彼は元海上自衛隊員で、実際に『しらせ』に乗艦、越冬隊員として南極へ行っているのです。ちょっと幻想的なお話の中に、ちょっとリアルな様子が再現されていますので、ぜひ、多くの方にご観劇いただければうれしいです。
ストーリー 「総員に告ぐ。直上にオーロラ・見納めとなるので、艦橋やヘリ甲板に出て瞼に焼き付け、今後の人生の糧となる良き思い出にして貰いたい」
老朽化で、今航海を最後に引退する南極観測船こと、海上自衛隊所属・砕氷船しらせ。
氷を割り進み極海を抜けたその日、しらせを見送るようにオーロラが揺らめきだす。
艦内では、長い航海に爆発寸前の若き海上自衛官と、1年半の南極生活を追え浦島太郎状態の越冬隊員が、連夜の酒宴の真っ最中・・・・・・。
スタッフ 作=池田真一/演出=入谷俊一
キャスト 辰巳蒼生/大久保正通/磯村智彦/小林大介/金順香/野澤いっぺい/田村まどか/川崎誠一郎/沖中咲子/ももとれい/東虎之丞/島野温枝/松岡哲永
お問い合わせ オフィス・REN
03-5829-8031
幌張馬車(ポジャンマッチャ)

入場料金

前売3,800円/当日4,000円(全席自由・税込)

前売りチケットは日時指定

チケット発売窓口

オフィス・REN 03-5829-8031
チケットぴあ 0570-084-005
Pコード 394-991

公演日程

2009年7月15日(水) 〜 7月20日(月・祝)

2009年7月

12 13 14 15
  • 19:00
  •  
  •  
16
  • 19:00
  •  
  •  
17
  • 19:00
  •  
  •  
18
  • 14:00
  • 18:00
  •  
19
  • 14:00
  • 18:00
  •  
20
  • 14:00
  •  
  •  
21 22 23 24 25

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=13136

トラックバック一覧