売込隊ビーム『徹底的に手足』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

売込隊ビーム

『徹底的に手足』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年10月15日(木)〜10月18日(日)
会場 「劇」小劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-6-6
PR・解説 軍備を強化、国力を上げよ。
ナショナリズム全盛の時代に大型軍用機は作られた。
ずらり200体、海向こうの脅威への威嚇。
僕らはそんな戦闘機の整備士。
一度として実戦使用されたことがないこの兵器の軋みを徹底的に除去せよ。
 
なんて壮大な設定を覆す、奇抜で緻密な会話劇。
ストーリー 日本海沿岸から数キロ離れた平野部一帯に 大型軍用機を200体配置。
戦闘機は50メートル間隔で立ち、その中心に立てば両地平線まで整列をなす。
地平線までの距離が4.5キロというから、約10キロにわたって海を睨み、外敵を威嚇している。
なお、この大型軍用機は、仮想敵国に対しての威嚇のために保有されており、今まで一度も実戦使用されたことはない。

この軍備の点検・整備をしている民間の航空機整備専門会社「ソロー」。
彼らが整備した戦闘機は、100年の耐久期間が保障されるという。
ただし1年に整備できる数は2体。逆算すると、200体すべての戦闘機の整備を行うのに100年を要する。つまり、すべての戦闘機を整備し終えたころには、最初の戦闘機が老朽化し始めていることになるのだ。
彼らは、そんなことに何一つ疑問を感じずに労働に勤しんでいる。

ある日の朝礼にて。
約10年ぶりに他社からの新入社員研修を受け入れることが発表された。一昔前は、この整備の現場に多くの新入社員を受け入れ、数日間の社会勉強・及び肉体訓練の場として研修が実施されていた。この研修制度はいつしかフェードアウトし、当時研修が行なわれていたことさえ知らないメンバーばかりになっていた。
外部からやってくる人間たちの存在に、心高ぶる面々。しかし、やってきたのはたった一人。
ただ、この一人の存在が疑問なく暮らしてきた集団の形態を大きく変貌させる。

3人以上の人間が集まれば、いずれそこに「敵」を生み出し、戦おうとする。
「労働」「集団」「敵」「徒労」といった要素を作品中に盛り込む。

「本当は整備なんて誰もやる必要なかったんだ。いや、誰もやってなかったんだ」
スタッフ 作・演出:横山拓也
舞台監督・舞台美術製作/永易健介 舞台美術デザイン/清花也 音響/佐藤真弓
照明/魚森理恵(GEKKEN staff room) 宣伝美術/下元浩人 写真/堀川高志(kutowans studio) 撮影ヘアメイク/KOMAKI(TAKE IT EASY!) 
制作/売込隊ビーム・笠原希(righteye)
キャスト 山田かつろう
三谷恭子
宮都謹次
小山茜
杉森大祐(※Wキャスト)
草野憲大
竹田桃子
高木真理子
松本和久

行澤孝(劇団赤鬼/※Wキャスト)
窪田道聡(イキウメ)
※行澤孝出演日:東京公演+大阪24日18時公演、杉森大祐出演日:大阪公演(24日18時公演除く)
お問い合わせ ビーム企画
06-6170-5221
info@urikomitai.com
売込隊ビーム

チケット発売日

2009年9月3日(木)

入場料金

前売2,500円/当日2,800円(全席指定・税込)

15日(木)のみ初日割引前売1800円/当日2300円

チケット発売窓口

売込隊ビーム

チケット販売サイトへ

制作 righteyeかさはら 06-6647-8243
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:397-861

公演日程

2009年10月15日(木) 〜 10月18日(日)

2009年10月

11 12 13 14 15
  • 19:30★
  •  
  •  
16
  • 19:30
  •  
  •  
17
  • 14:00
  • 18:00
  •  
18
  • 13:00
  •  
  •  
19 20 21 22 23 24
★15日(木)のみ初日割引 前売1800円/当日2300円

みんなの採点

(1人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=13568

トラックバック一覧