演劇制作体 地人会『藪原検校』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇制作体 地人会

地人会特別公演

『藪原検校』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年10月5日(水)
会場 かめありリリオホール
〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-26-1
PR・解説 黒々としたユーモアの中に潜む社会への鋭い抗議。
痛烈な風刺に満ちた、歌あり踊りありの藪原検校の一代記!
ストーリー 舞台は暗闇の中から現れる盲太夫(金内喜久夫)の語りによって始まる。
時は享保年間。奥州塩釜の魚売り七兵衛(松本きょうじ)は女房(一柳みる)のお産の費用欲しさに行きずりの座頭を殺して金を奪う。しかしその因果か、産み落とされた男の子・杉の市(嵐広也)は盲目だった。
杉の市は幼少の頃から師匠の女房お市(三田和代)に手を出すなど、したい放題のワルだったが、誤って母親を殺してから、主殺し、強盗殺人など悪行三昧を働く。それは、かつて己を残酷に鞭打った社会に復讐し、出世するためだった。
二度の主殺しに成功し、ついに盲人の最高位・検校の地位を得る杉の市。しかし、幸福の絶頂の彼を思わぬ落とし穴が待っていた・・・・
スタッフ 作=井上ひさし/演出=木村光一/美術=朝倉摂/音楽=宇野誠一郎/振付=花若春秋/照明=古川幸夫/効果=深川定次/歌唱指導=宮本貞子/演出助手=?田俊哉/舞台監督=武井隆二
キャスト 金内喜久夫/嵐広也/三田和代/松本きょうじ/松熊信義/鈴木慎平/仲恭司/一柳みる/山口杏子/松井茜/水村直也
お問い合わせ 演劇制作体 地人会
03-3354-1279 / 03-3354-8361
地人会ホームページ
かめありリリオホール
03-5680-3333

チケット発売日

2005年7月26日(火)

入場料金

4,800円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

地人会 03-3354-1279
かめありリリオホール 03-5680-3333

公演日程

2005年10月5日(水)

2005年10月

2 3 4 5
  • 18:30
  •  
  •  
6 7 8

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=1368

トラックバック一覧