プリエールプロデュース『七本の色鉛筆』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

プリエールプロデュース

『七本の色鉛筆』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年11月6日(金)〜11月15日(日)
会場 赤坂RED/THEATER
〒107-0052 東京都港区赤坂3-10-9 赤坂グランベルホテルB1F
PR・解説 「七本の色鉛筆が揃わなければ、虹は書けない」…それぞれの人生をしなやかに生きる七人の娘たちと、それを見守る父との家族の絆を描いた物語。
40年近く前に書かれたとは思えない、現代になっても色褪せることのない矢代静一珠玉の名作。
演出は、気鋭の演出家として注目を集める、JAM SESSION主宰の西沢栄治。力強くみずみずしい西沢演出で、矢代作品が現代に色鮮やかによみがえります!
ストーリー 妻を頼りきっていた夫と、七人の娘たちを残して母が死んだ。母の初七日、それぞれの道を生きる姉妹が久しぶりに実家に集まっている。そこで、思いもよらなかった双子の末娘2人の出生の秘密が明かされる。
自分の出生の秘密を知り運命の残酷さに翻弄される六女・文代、自身の存在の意味を追い求めようとする七女・巴絵。そこには、20年間封印されていた母の過去の出来事が…。その秘密を知りながら生きてきた次女の菊をはじめ、皆それぞれに複雑な思いを抱く。
やがて、長女・恵子の縁談が決まり、一家には平凡ではあるが幸福な日々が戻ってくるのだったが…。

緻密な会話劇で観客を劇世界へといざなう、矢代静一・会心の抒情喜劇。
スタッフ 作 : 矢代静一
演出 : 西沢栄治 (JAM SESSION)

美術・舞台監督 : 野口毅
照明 : 稲葉直人 (ASG)
音響 : 角張正雄
衣裳 : 小原敏博
演出助手 : 人見はる菜

宣伝写真 : 塩谷安弘
宣伝美術 : 鈴木勝 (FORM)

制作 : 津田はつ恵
制作助手 : 内藤真記子
票券 : 橋本あすか

プロデューサー : 有本佳子

協力 : 矢代静一事務所
提携 : 赤坂RED/THEATER

企画・製作 : プリエール
キャスト 小林 隆

岡森 諦 (扉座)

佐藤真弓 (猫のホテル)
江間直子 (無名塾)
高橋麻理 (扉座)
佐藤麻衣子 (文学座)
加藤亜矢子
黒木マリナ
宮 菜穂子

川本裕之
蓬莱照子
竹岡真悟
木村奏絵
お問い合わせ プリエール
03-5333-6590
info@priere.jp
プリエール

チケット発売日

2009年9月15日(火)

入場料金

前売4,500円/当日4,700円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

プリエール 03-5333-6590
電話受付:平日11:00〜18:00

チケット販売サイトへ

カンフェティ 03-5215-1903
電話受付:平日10:00〜18:00

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2009年11月6日(金) 〜 11月15日(日)

上演時間 約2時間10分(途中休憩なし)

2009年11月

1 2 3 4 5 6
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
7
  • 13:00
  •  
  • 18:00
8
  •  
  • 14:00
  •  
9
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
10
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
11
  •  
  • 14:00
  •  
12
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
13
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
14
  • 13:00
  •  
  • 18:00
15
  •  
  • 14:00
  •  
16 17 18 19 20 21

みんなの採点

(1人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=13734

トラックバック一覧