モウブ『銀座浪漫派物語』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

モウブ

mauve第1回プロデュース公演

『銀座浪漫派物語』ようこそ!感動のミュージカルへ。

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年10月28日(水)〜11月3日(火・祝)
会場 博品館劇場
〒104-8132 東京都中央区銀座8-8-11 博品館トイパーク8F
PR・解説 ブロードウェイじゃ観られない!!
これぞ日本のミュージカル!
よござんす。
世界に通じる「やまと魂」
たっぷりお魅せ致しましょう。
ストーリー 東京・銀座の「蕎麦処・やまと」は、4代続いた老舗。その住人は銀座生まれで銀座育ちの女4人。58歳になる今も看板娘で店を切り盛りし、夜は銀座の名所・レビュー座の雇われママも務める元・東京少女歌劇団のトップスター竹子、その長女で小学校教諭の歌子、銀座デパートのエレベーターガール二女・舞子、ダンサーで靴磨きの三女・笑子である。33・29・24歳の独身美人3姉妹は、各々キャリアへの夢と恋の狭間で揺れ、母が過労でダウンすると老舗の存続さえ危うくなり5代目問題で揺れる。銀座デパートの御曹司・矢沢周一と結婚し玉の輿に乗ると豪語していた舞子は失恋。気が付けば家族同然いつも側にいた隣の下駄屋の倅・秀人と結ばれる。一方「先生業」に命を賭け女である事をすっかり忘れていた歌子も、継承問題に直面し突然目覚め、同僚教師・岩男を口説き超スピード婚。店も継ぐと決意。笑子は、靴磨きでコツコツ貯めたお金で漸くダンサー留学へ。そんな矢先、笑子が長年母に抱いていた疑念が明らかに。何と、母の長きに渡るロマンス発覚。しかも相手は笑子の人生の師匠・靴磨き仲間の平吉だった。大和家は大揺れに?!
平成のこの時代に、敢えて銀座の蕎麦の味を守り続ける女達と、この時代だからこそ銀座のど真ん中で靴磨きを・・と、こだわる初老の男。そこから見えてくる銀座気質を笑いと涙の連続でスピーディに描く。
スタッフ 脚本・演出・作詞・作曲:祭田 力
作曲・音楽監督:中山 恵美子
振付:中野 栄里子
タップ振付:KENT
照明:多田 英治(グルッペ)
音響:蔭野 奈美子
衣裳:濱田 直子・東宝衣裳
舞台美術:有岡 大輔(舞台美学)
舞台監督:齋藤 孝則(モウブ)
宣伝美術:工藤理加
宣伝写真:丸山 伸二郎
宣伝ヘアメイク:望月 愛子
題字:中尾 吉伸
プロデューサー:山口 武治(モウブ)
キャスト 安奈 淳
すま けい
萌 川菜
松本 好永
久下 恵美
小林 健
前田 耕陽
木内 健人
野原 S ひろみ
高野 力哉
森野 木乃香
林 統子
土居 陽佑
金山 沙也香
日置 彩乃
八幡 恭司
お問い合わせ 博品館劇場
03-3571-1003
(株)モウブ
088-631-6031
ginza-romanha@mauve-inc.com
銀座浪漫派物語

チケット発売日

2009年8月10日(月)

入場料金

6,800円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

(株)モウブ 088-631-6031
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:397-195

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:37848
0570-000-407(オペレータ対応)

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

博品館チケットパーク 03-3571-1003
当日券情報 7,000円

公演日程

2009年10月28日(水) 〜 11月3日(火・祝)

2009年10月

25 26 27 28
  • 19:00
  •  
  •  
29
  • 14:00
  • 19:00
  •  
30
  • 14:00
  • 19:00
  •  
31
  • 14:00
  • 19:00
  •  

2009年11月

1
  • 14:00
  •  
  •  
2
  • 19:00
  •  
  •  
3
  • 14:00
  •  
  •  
4 5 6 7

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=13740

トラックバック一覧