『高き彼物』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

加藤健一事務所30周年記念 vol.73

『高き彼物』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年11月18日(水)〜11月29日(日)
会場 本多劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-10-15
PR・解説 昭和53年、静岡県川根町。春休みに東京からSLを見に来ていた受験生の藤井秀一(海宝直人)は、バイク事故で友人を失ってしまう。

事故現場にたまたま通りがかり世話をした元高校教師の猪原正義(加藤健一)のもとへ、夏休みになったばかりのある日、秀一が訪ねて来た。
正義は食料雑貨店「猪原商店」を営み、父・平八(滝田裕介)と一人娘・智子(占部房子)と暮らしている。

正義の教師時代の後輩で、今は袋井の中学校の国語教師である野村市恵(小泉今日子)は、正義が教師を辞めてから15年経った今でも、正義こそ“教師の鑑”と心から尊敬している。
市恵はこの日、正義に読んでもらおうと学期ごとに作成している生徒の文集を届けに来ていた。

事故で負った心の傷を癒せずにいる秀一を、正義は暫く自分の家で預かって面倒を見ると言い出す。市恵も教師として秀一と真剣に向き合う。
その姿に感動した正義は、「私の妻になってはくれぬだろうか?」と市恵にプロポーズする。

正義のかつての教え子で警官の徳永光太郎(石坂史朗)は、智子に思いを寄せているが、智子には結婚の約束をしている恋人がいた。
しかし智子は、“ある事情”で正義に恋人の片山仁志(鈴木幸二)をなかなか紹介できずにいる。


一週間後、いよいよ智子が恋人の片山を紹介しようという日、秀一の元に父親からの速達が届く。その手紙を読んだ秀一は、激しく正義を問い詰める。

「先生、聞きたいことがあります。先生はどうして学校を辞めたんですか?」

正義は、ついに15年前の真相を語り始める──。
スタッフ 作=マキノノゾミ 
演出=高瀬久男
キャスト 加藤健一
─────
小泉今日子
─────
占部房子
石坂史朗
海宝直人
鈴木幸二
─────
滝田裕介
お問い合わせ 加藤健一事務所(10:00〜18:00)
03-3557-0789
加藤健一事務所 HP

チケット発売日

2009年10月4日(日)

入場料金

前売5,000円/当日5,500円/高校生割引(要学生証・当日のみ)2,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

発売初日特別電話番号

チケットぴあ 0570-02-9910
※発売当日は特電のみ受付
加藤健一事務所(10:00〜18:00) 03-3557-0789
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:397-294
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:38026
0570-000-407
e+(イープラス)
eplus.jp
本多劇場(11:00〜19:00) 店頭販売
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2009年11月18日(水) 〜 11月29日(日)

上演時間 約2時間25分(15分の休憩を含む)

2009年11月

15 16 17 18
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
19
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
20
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
21
  •  
  • 13:00
  •  
  • 17:00
22
  •  
  • 13:00
  •  
  • 17:00
23
  •  
  • 13:00
  •  
24
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
25
  •  
  • 13:00
  •  
  • 19:00
26
  •  
  • 13:00
  •  
27
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
28
  •  
  • 13:00
  •  
  • 17:00
29
  •  
  • 13:00
  •  
  • 17:00
30          

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=13907

トラックバック一覧