A.T.LABO『ギィ・フォワシィから』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

A.T.LABO

A.T.LABO 2009年公演

『ギィ・フォワシィから』〜2・3・3・2〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年11月20日(金)〜11月22日(日)
会場 せんがわ劇場
〒182-0002 東京都調布市仙川町1-21-5
PR・解説 「公演によせて」 

ATラボと『市民絶叫センター』との幸福な出会いは、2004年に行われたギィ・フォワシィ演劇コンクール(主催ギィ・フォワシィ・シアター)であった。叫ぶことが禁止され、そのための特別な公共施設ができたという、まことに滑稽な状況に暮らす弱い市民の右往左往を描くこの作品は、フォワシィの傑作のひとつだろう。上演は誇張に富んだ人物造形が喜劇ならではの味わいを生んでいたように記憶する。ATラボはこの作品の上演で見事に最優秀賞に輝いた。
以来、ATラボはこの作品を温めて続け、今回の上演に結びつけた。コンクールのときとはちがって今度は内容的にもふくらんだロング・ヴァージョンである。どんな舞台を見せてくれるか楽しみだ。
あわせて不条理な世界を描くフォワシィの筆が冴える短編コントから3つの佳作を上演してくれるのも興味深い趣向である。
笑いのなかから「人間」がぬうっと顔を出す、そんなフランス喜劇の一夜を堪能したい。
 
  佐藤 康(2008年小田島雄志翻訳戯曲賞受賞)
ストーリー 〜ギィ・フォワシイの真骨頂、不条理でブラックな短編集〜


今よりほんの少し未来に生きる、ごく普通の人々。
多くの人が気づかず通り過ぎてしまう、日常の不条理が醸し出す物語。

日本に未発表の作品を含む、4つの短編を上演します。

『市民絶叫センター行き』(新翻訳)
『 芝居の稽古』
『吠え声』
『死亡届』
スタッフ 作 Guy Foissy
演出 佐藤正文
翻訳 佐藤 康
舞台監督・美術 青木祐輔
照明 松本大介
音楽監修・作曲 佐藤 想
音響操作 谷合 優
映像イラストレーション すずきあゆみ
宣伝美術 市川きよあき事務所
イラスト オブチミホ
制作協力 吉川朋美
協力 株式会社スターダストプロモーション ギィ・フォワシィ・シアター 神藤隆良 大木杏
著作権代理 株式会社フランス著作権事務所 
協賛 メルシャン株式会社 味の素ゼネラルフーヅ株式会社 株式会社朝日ネット 株式会社バンブーエステート
主催 A.T.ラボ
キャスト Aチーム  松下杏子 河崎早春 藤代三千代 
Bチーム  荻山幸子 小笠原和子 鎌田紗矢香 
 
A・B共通 北川幹雄 植松孝行 七瀬美菜 
お問い合わせ A.T.ラボ
050-1351-4195
sugarlabo@gmail.com
A.T.LABO 2009年公演
お電話の場合、恐れ入りますが、お名前、ご連絡先を留守番電話に録音してください。折り返しご連絡いたします。

チケット発売日

2009年10月1日(木)

入場料金

前売り3,500円/当日3,800円/学生券2,500円(全席自由・税込)

公演日程

2009年11月20日(金) 〜 11月22日(日)

上演時間 約1時間30分 

2009年11月

15 16 17 18 19 20
  • 15:00A
  • 19:30B
  •  
21
  • 14:00A
  • 19:30A
  •  
22
  • 13:00B
  • 16:30A
  •  
23 24 25 26 27 28
A - - - Aチーム公演  
B - - - Bチーム公演   


☆ご来場の皆さまへ
毎公演の開演前に、ロビーにてホットドリンク、ワインなどをご用意いたしております。
開演前のひとときをごゆっくりお過ごしください。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=13913

トラックバック一覧