劇団創造市場『十二夜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団創造市場

土浦市文化祭参加作品

『十二夜』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年11月1日(日)
会場 土浦市民会館大ホール
〒300-0052 茨城県土浦市東真鍋町2-6
PR・解説 文学史上名高いW.シェイクスピアの『十二夜』は、個性豊かな登場人物たちが繰り広げるロマンスあり、笑いありの魅力的な恋の物語です。また、演劇史上初の音楽劇といっても過言でないほどそのいたるところに楽曲がちりばめられており、『音楽』というものについて言及する台詞もあるほどです。それはシェイクスピアの実在した時代や英国にとどまらず現代にまで通ずるもので、この音楽のことに限らず人間の思想や心理などあらゆる分野についても同じです。それこそ、この偉大な英国劇作家の大きな魅力であり、『十二夜』も含めた彼の戯曲が現代でも愛され上演され続ける理由なのでしょう。劇団創造市場では、親しみやすい解釈と演出、表現力豊かなキャストでこの作品の持つ美しさと楽しさを、笑いと温かい人間味たっぷりにあますところなくお送りいたします。どうぞお楽しみに!
ストーリー 時は中世、所は海の美しいイリリア。その海岸に、嵐による船の難破で双子の兄と離ればなれに打ち上げられた娘・ヴァイオラは、兄の安否を気遣いつつ、身を守るために男装し、イリリアの公爵・オーシーノに小姓として仕えます。ヴァイオラを腹心の部下として寵愛するようになった公爵は、以前から求愛を断られ続けている伯爵家の令嬢・オリヴィアのもとに、再び恋の使者としてヴァイオラを向かわせました。ところが、その時すでにヴァイオラは公爵を愛しており、そのヴァイオラにオリヴィアが一目で恋焦がれてしまい、恋の糸は複雑にもつれていきます。一方、オリヴィアの邸では滑稽なほどに真面目一徹の執事に不満を持つオリヴィアの叔父、侍女、召使い等の面々が、彼に大掛かりな悪戯をしかけて大騒ぎ。その一連の騒動のために、ひょんなことからヴァイオラはオリヴィアの求愛者のひとりと決闘させられる羽目になってしまいました。そこへヴァイオラと瓜二つの青年が現れ、話は思わぬ方向へ・・・
スタッフ 演出/稜地一週 演出助手/岡田淳子・森萌美 舞台監督/渡辺芳典 照明/相馬利光 音響/久松利光・石川麻優子 美術/稜地一週 大道具/渡辺芳典・永瀬伸太郎 衣裳/信坂綾美・中島裕子 制作/原佳子・間宮妙・石川麻優子・中島星菜
キャスト (五十音順)
安藤圭子
石崎智香子
岩瀬和子
大堀彰久
岡田淳子
荻原博子
柏秀人
北野週一
佐々木静香
菅原康博
中島星菜
信坂綾美
萩野谷幸三
原佳子
福田匡伸
幕内さおり
間宮妙
水越貴宣
森萌美
八島豊
渡部智恵子
渡辺芳典
海老澤貴(客演)
お問い合わせ 劇団創造市場
029-821-9405
sozoichiba@yahoo.co.jp
劇団創造市場

入場料金

前売り 一般1,500円/前売り 高校生以下1,200円/当日 一般1,800円/当日 高校生以下1,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団創造市場 029-821-9405
http://www.asahi-net.or.jp/~bg4r-gtu/

チケット販売サイトへ

土浦市/ぶっくらんど新洋堂(土浦四中前)、共栄堂書店(ウララビル3F)、さんぱる長崎屋(インフォメーションカウンター)、さん・あぴお(インフォメーション)、土浦市民会館
つくば市/友朋堂(吾妻店・梅園店・桜店)、むさしの書房(稲荷前)、フリホール(天久保)
阿見町/マイアミショッピングセンター(1Fサービスカウンター)

公演日程

2009年11月1日(日)

2009年11月

1
  • 18:00
  •  
  •  
2 3 4 5 6 7

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=13944

トラックバック一覧