インド舞踊研究所ナーティヤ・マンジャリ・ジャパンNMJ『日印古典舞踊コラボレーション公演日本公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

インド舞踊研究所ナーティヤ・マンジャリ・ジャパンNMJ

『日印古典舞踊コラボレーション公演日本公演』日本舞踊とインド古典舞踊バラタナティヤムからアジアの伝統美を探す旅

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

伝統文化の融合から、新しい感覚が生まれる!

公演データ

公演期間 2005年7月15日(金)
会場 北沢タウンホール
〒155-8666 東京都世田谷区北沢2-8-18
PR・解説 アジアを代表する古典舞踊、日本舞踊とインド古典舞踊バラタナティヤムのコラボレーション公演の日本公演。今年3月に、チェンナイで行ったインド公演は、大好評で、観客からは再演を望まれている。インドと日本両方の観客に披露し、文化融合の素晴らしさを伝える。*インド古典舞踊について:南インドのタミールナードゥ州で生まれた「バラタナティヤム」は、ヒンズー教寺院の巫女によって神に捧げる踊りとしてパフォーマンスされたインド文化の代表的な古典舞踊です。脚を菱形に開いた中腰の基本ポーズなどから生み
出される数々のポーズとステップ、そして数々の巧妙なハンドジェスチャーが、南インド音楽にのせて、華麗に展開されます。演劇的要素が強い踊りもあり、感情表現も魅力のひとつ。そして、衣装の美しさ・印象的なメーク・足首につけた鈴の音の心地よさなども魅
力の舞踊芸術です。*演出・出演エミ・マユーリについて:横浜市出身のインド舞踊家。インド舞踊家ウドゥピー・ラクシュミナラヤン氏に師事。現在、日本、インドと公演活動を中心に活躍し、マスコミにも取り上げらてれています。そして、様々な角度から独自の
創作・発表を行っています。 
ストーリー 東京公演の第一部のテーマは「自然」。日本舞踊、インド古典舞踊バラタナティヤム、それぞれどう表現するか。第二部のテーマは「日印の融合」。神楽娘という日本の古典曲を、そのストーリーに基づきそれぞれ役を決め、同じ舞台上で表現していきます。インド舞踊家エミ・マユーリによるインド古典舞踊バラタナティヤムの舞と、小宮朋子による日本舞踊の舞、そして、書道家小谷野洋子による舞台美術の融合から生まれる“インド文化と日本文化の融合によりアジアの伝統美の真髄を探す”という新しい感覚を皆様に楽しんでいただければと思います。
スタッフ 演出=エミ・マユーリ/照明=言水利恵/音響=柿本尚美/舞台監督=石川享子/舞台美術=小谷野洋子 ほか
キャスト エミ・マユーリ/小宮朋子/ナーティヤ・マンジャリ・ジャパン
お問い合わせ インド舞踊研究所ナーティヤ・マンジャリ・ジャパンNMJ
045-506-2780
emi_mayuri@yahoo.co.jp
インド舞踊研究所ナーティヤ・マンジャリ・ジャパンNMJ

チケット発売日

2005年4月21日(木)

入場料金

前売2,800円/当日3,000円/中学生以下1,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

インド舞踊研究所ナーティヤ・マンジャリ・ジャパンNMJ 045-506-2780
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:361-164

公演日程

2005年7月15日(金)

上演時間 約1時間30分

2005年7月

10 11 12 13 14 15
  • 19:00
  •  
  •  
16
開場18:30

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=1427

トラックバック一覧