四街道市民劇団「座・劇列車」『ねむ太郎恋唄物語』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

四街道市民劇団「座・劇列車」

第20回記念公演

『ねむ太郎恋唄物語』新民話劇

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年12月6日(日)
会場 四街道市文化センター大ホール
〒284-0001 千葉県四街道市大日396
PR・解説 今年は劇団の原点に立ち返り、はじめての公演「やまんばおゆき」の作者西田了先生の指導のもと、新民話劇「ねむ太郎恋唄物語」を上演します。この作品は木下順二氏の「三年寝太郎」を原作に、西田氏が当劇団向けに脚色・演出してくださったものです。おじいちゃんおばあちゃん、小さなお子さんにも楽しんでいただける、歌あり踊りありの肩のこらない民話劇です。これまで座・劇列車をご贔屓いただいた皆様はもちろん、座・劇列車未体験の皆様も、ぜひご覧ください。皆様のご来場を劇団員一同心よりお待ちしております。
ストーリー 貧しい村にも春はやってくる。しかし、それは娘を身売りしなければならない悲しい春だ。地蔵たちはそんな現(うつつ)の出来事を慈愛に満ちた目で見つめている。今日も村の娘おきくが町に売られていく。親子の悲しい別離を垣間見たねむ太郎(主人公)はどうにもならない現実にやりきれず地団駄を踏む。そこへ太郎の幼馴染みおみよが駆け込んでくる。なんと村の衆を泣かせている張本人金貸し勘太の嫁になるというのだ。両親をはやくに亡くしたおみよは、物心ついた頃から庄屋に育てられ庄屋の命令には逆らえないのだ。そこで太郎はおみよのため、村人のために勘太と庄屋をこらしめるために知恵を働かすのだが……。
スタッフ 舞台美術…劇団アルファー
音楽…あらい舞
舞台監督…渡邉英夫
照明…土田 保
効果…鱸 東
小道具…加藤澄江
振付…石川和子
太鼓…大坪稔
合唱(子ども達)…環・音楽サロンスタジオ
キャスト 太郎(ねむ太郎)……山田光太郎
おばば……長澤志保子
おみよ……中根恵子
大地蔵……石澤良子
左地蔵……高見沢智子
右地蔵……高久カナ子
庄 屋……北原汎
勘 太……入村信博
およね……酒井三和
茂 吉……篠原伸嘉
おきく……大沼裕美子
女衒……小林和子
おくら……大場洋子
おとき……坪井キヨ子
き よ……大沼裕美子
百姓男……篠原伸嘉   
村 人……小林和子
お問い合わせ 劇団事務局(北原)
043-423-7934

チケット発売日

2009年11月1日(日)

入場料金

1,000円(全席自由・税込)

高校生以下無料

チケット発売窓口

四街道市文化センター 043-423-1618
当日券情報 開演1時間前より四街道市文化センター大ホール前にて販売

公演日程

2009年12月6日(日)

上演時間 約2時間

2009年12月

6
  • 13:30
  •  
  •  
7 8 9 10 11 12

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=14271

トラックバック一覧