演劇集団円『マクベス』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇集団円

演劇集団円 紀伊国屋書店提携公演

『マクベス』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年7月22日(金)〜7月31日(日)
会場 紀伊國屋ホール
〒163-8636 東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4F
PR・解説 1975年の集団創立以来、シェイクスピア作品の上演は、13作品を数えます。豊饒でエネルギッシュな台詞は、4百年の時を経た現代に生きる私たちに深い感動を与え、特に今回上演の「マクベス」は、観客に息をつかせぬスピード感溢れる劇的展開と緊迫した名場面が多く、「ハムレット」「オセロ」「リア王」と並ぶ4大悲劇のなかでも最高傑作と言われています。
今作品は、2003年上演の「リチャード三世」で高い評価を得た、金田明夫・平光琢也のコンビによるスタイリッシュシェイクスピア第2弾です。ご期待下さい。
ストーリー 名将の誉れ高いスコットランドの将軍マクベスは、激しい戦いを勝ち抜き将軍バンクォーと二人で帰還する途中で三人の魔女に出逢う。魔女たちは、マクベスに、マクベスがいずれ王になることを予言する。バンクォーには、自分が王になれなくとも子孫が王になると予言する。マクベスはこのことを誰よりも先に愛する妻(レディ・マクベス)に知らせる。
魔女たちの予言を自分たちの人生と読み取ったマクベス夫妻は、どうせ来るものなら一刻も早いほうがいいと、ダンカン王を殺し王位に就く、そして、殺し屋を使っての何食わぬバンクォー殺し、目の上のたんこぶの勇将マクダフの妻と子供まで始末して、いつ果てるともない殺人ゲームへとのめりこんでゆく。
スタッフ 演出=平光琢也/美術=加藤ちか/照明=小笠原純/音楽=中川孝/効果=斉藤美佐男/衣裳=コブラ会/ステージング=菅原鷹志/舞台監督=田中伸幸/演出助手=森新太郎
キャスト 金田明夫/木下浩之/石田登星/佐々木睦/吉見一豊/渡辺穣/佐藤せつじ/山口太郎/赤間浩一/本多新也/大窪晶/佐藤銀平/片岡静香/三沢明美/林真里花/大門マキ ほか
お問い合わせ 演劇集団円
03-5828-0654
演劇集団円

チケット発売日

2005年5月25日(水)

入場料金

一般5,500円/学生3,500円/ペアチケット(劇団扱いのみ)9,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

演劇集団円 03-5828-0654

チケット販売サイトへ

公演日程

2005年7月22日(金) 〜 7月31日(日)

2005年7月

17 18 19 20 21 22
  • 19:00
  •  
  •  
23
  • 14:00
  •  
  •  
24
  • 14:00
  •  
  •  
25
  • 19:00
  •  
  •  
26
  • 19:00
  •  
  •  
27
  • 14:00
  •  
  •  
28
  • 19:00
  •  
  •  
29
  • 19:00
  •  
  •  
30
  • 14:00
  •  
  •  
31
  • 14:00
  •  
  •  
           

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=1447

トラックバック一覧