『マレーヒルの幻影』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

M&O plays プロデュース

『マレーヒルの幻影』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年12月5日(土)〜12月27日(日)
会場 本多劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-10-15
PR・解説 1929年、大恐慌の年のニューヨークを舞台に、時代の波に翻弄される男女の運命的な恋愛(ロマンス)――フィッツジェラルド作「グレイト・ギャツビー」に想を得た岩松了、渾身の新作!

2つの物語  小説「グレ−ト・ギャツビー」では、主人公のギャツビーとデイジーの関係が、語り手のニック・キャラウェイの視線で描かれていますが、ギャツビーの物語を踏まえた上で描かれる今回の新作では、原作であまり語られていない女性の側の(すなわちデイジーのお話)にスポットをあてて練り直します。さらに、小説の主人公さながらの数奇な運命を辿った作者・フィッツジェラルドとその妻・ゼルダの関係にも迫ります。有名人気作家の妻でいることに飽きたらず、自己実現のために愛する夫とまさに「戦い」とも言える激しい関係を築き、果ては精神を病んで若くして亡くなったゼルダの幻影が、主人公の女性像に反映されるという「ギャツビ−」と「ゼルダ」の2重の物語によって、より深みと、緊迫感にあふれるドラマを目指します。
 1929年、まさに恐慌前夜のニューヨークを舞台に、様々な事情で故国・日本を離れた日本人たちが織りなす人間ドラマ――この緊張感に溢れた新作に、舞台初出演となる麻生久美子・ARATAが挑みます。  共演は舞台・映像で活躍する実力派ぞろい。岩松戯曲×強力なキャスト、他では見られない新鮮な驚きと静かな感動に満ちた舞台が誕生します。
スタッフ 作・演出=岩松了
キャスト 麻生久美子 ARATA 三宅弘城 荒川良々 市川実和子 / 松重豊
お問い合わせ 森崎事務所
03-5475-3436
森崎事務所 HP

入場料金

6,800円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:397-752
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:38401
0570-000-4070
e+(イープラス)
eplus.jp
Confetti 03-5215-1903
平日10:00〜18:00

チケット販売サイトへ

本多劇場 店頭販売のみ
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2009年12月5日(土) 〜 12月27日(日)

上演時間 約2時間55分(15分の休憩を含む)

2009年12月

    1 2 3 4 5
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
6
  •  
  • 14:00
  •  
7 8
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
9
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
10
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
11
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
12
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
13
  •  
  • 14:00
  •  
14 15
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
16
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
17
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
18
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
19
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
20
  •  
  • 14:00
  •  
21 22
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
23
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
24
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
25
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
26
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
27
  •  
  • 14:00
  •  
28 29 30 31    

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=14517

トラックバック一覧